仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨の知識

アルトコインとは?投資する価値がある仮想通貨おすすめランキングを根拠付きで説明します!

投稿日:

アルトコインとは?投資する価値がある仮想通貨おすすめランキングを根拠付きで説明します!

アルトコインというと、ビットコインや他の仮想通貨と同じように、たくさんある仮想通貨の中の一つかと思われる人もいるかと思いますが、アルトコインとは「暗号通貨」の総称です。

仮想通貨はネット上に数百種類以上と把握しきれないほど存在します。

その中で、将来性を見据えてこれから購入したい、投資するにはどの仮想通貨が良いのか、根拠も踏まえご紹介します。

アルトコインとは?

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨の総称を言います。

また直訳で「ビットコインの代わりとなるコイン」という意味です。

何故、ビットコイン以外かというと、ほとんどの仮想通貨はビットコインを元に作られたものであり、根本的な仕組みはビットコインとほぼ変わらないからです。

ビットコインの元となったブロックチェーンやマイニングの仕組みがネット上に公開されたことで、その仕組みを元にたくさんの仮想通貨が作られました。

2017年現在、暗号通貨と呼ばれる仮想通貨(アルトコイン)は全世界で500種類以上も作成されています。

代表的なアルトコインに、

・ライトコイン

・イーサリアム

・リップル

・日本発祥のモナーコイン

などがあります。

暗号通貨とは?

中本哲史さんという方の論文の中に出てくる、「ブロックチェーン」と「P2P」という仕組みこそが、暗号通貨が価値のある世界通貨になった画期的な技術でした。

と同時に偽造できない、防犯システムのようなものです。

銀行のような中央集権化されていないシステムを通さなくても、個人間で「通貨とされる数字」が取引できる技術が、「公開鍵暗号」といった暗号技術であり、暗号通貨の誕生でした。

暗号通貨に必要なマイニング

個人間の仮想通貨の取引には「承認」作業が必要になり、世界中で行われている取引をコンピューターが計算しています。

この承認作業を「マイニング」といい、承認作業を手伝ってくれている人を「マイナー」と言います。

マイナーは承認作業をすることで、報酬として新規のコインが少しもらえるようになっています。

このシステムが仮想通貨の信頼性を保っています。

またハッキングもされることはない防犯システムとも言えます。

仮想通貨=暗号通貨(アルトコイン)

アルトコインが誕生した背景とは?

ビットコインが優秀なら、ビットコインだけが流通すればいいのではと思われる人がいるかと思いますよね。

しかしなぜアルトコインが誕生したのでしょうか。

アルトコインができた理由に、ビットコインの欠点を解決できるコインの開発が進んだことや、ビットコインの採掘競争がとても厳しくなってきたなどの理由が挙げられます。

ビットコインの欠点とは?

ビットコインの欠点①ビットコインを買い物などで使おうと(対応してるお店)ビットコインで支払っても、決済が完了するまでにレジの前で10分は待たなくてはいけないのです。

ビットコインの欠点②ビットコインには新規採掘できる上限枚数が決まっています。

それが2,100万枚と決まっています。

マイニングが行われるたびに新規ビットコインが採掘されるわけですが、採掘されていく度に、マイニングの計算難易度が上がっていき、一個人では参入できなくなっています。

ビットコインの欠点③ビットコインを送ったり受け取る時のアドレスがとても長い。

アドレスとは銀行で言うところの口座番号になります。

アドレスがとても長いので、もし間違ったアドレスに送ってしまった場合、取り戻ることはできません。

アルトコインの中には「人間が読める」アドレスが設定できます。

アルトコインの将来性

たくさあるアルトコインの中で、将来も残り続けているアルトコインは2、3種類とも言われています。

ビットコインの欠点を解消しつつ、2017年現在では手に届くぐらいの価格なので、購入しやすい利点もあります。

ただビットコインと違い、アルトコインは実生活で利用できる場所はまだ皆無と言ってもいいような状況です。

それなのにどうしてアルトコインが注目され保有する人が多いのか。

アルトコインの中でも価格を上げ続け、将来的にはビットコインのように買い物でも利用できる場所が増えてくる可能性もあります。

2017年5月に仮想通貨市場がかなり盛り上がり、ビットコインを含めアルトコインも時価総額を大きく伸ばしたそうです。

暗号通貨市場は6兆円と突破し、およそ10日で1兆円近い上昇があったとのことで、これからの伸びもさらに注目が集まると予想されます。

アルトコインを保有するメリット

アルトコインを保有するメリット①ビットコインの手持ちを増やしたいけど、資金の関係で増やすことが困難なため先ずはビットコインよりも価格は安く、上昇も速いアルトコインを一時的に保有し、満足のいくところまで上昇したらビットコインに戻すため。

アルトコインを保有するメリット②ビットコイン以外のアルトコインの将来性を見込んで、これから伸びていくだろうと予想し、これと決めたアルトコインを保有し続けるため。

優れたアルトコインが世界中に普及すれば、価格が上昇します。それを見込んで保有すると言う手もあります。

ただ「これが絶対に伸びる」と断言できるアルトコインは今の段階でははっきり言えないので、多額の資産を一点に投じるには慎重になった方が良いです。

投資する価値がある仮想通貨おすすめランキング

上記でも説明した通り、アルトコインは数え切れないほど存在します。

これから投資するにあたり、将来的に価値がある仮想通貨のランキングを、根拠を含めてご紹介いたします。

おすすめランキング第1位:リップル:XRP

2017年5月にリップルは、アルトコインの中でもかなりの人気があるイーサリアムを抑え、時価総額2位に返り咲きました。

ビットコインとの違いとして、発行主体があることがリップルの特徴です。

発行主体というのは、リップルには管理主体が存在します。「Ripple lnc.」という企業によって開発されている仮想通貨(リップルズ)を利用した、金融システムの総称です。

つまりリップルは仮想通貨の名前でなく、サービスの名前ということです。

どのようなサービスかというと、例えば、マイナーな国の通貨を別のマイナー通貨と為替取引したい場合、取引所での手続きが大変だったり、手数料がそれなりに掛かってしまいます。

ですが、リップルを仲介することで、効率かつ、手数料も安く済むことができます。

これは「ブリッジ通貨」と呼ばれています。

リップルズのマイニングに関しても、 Ripple lnc.の承認を基にリップルが配布さてれいます。

システムはオープンソースで公開され、リップルはさらなるシステム向上と開発をおこなっています。

UFJ銀行にも採用され、これからも注目が集まるアルトコインの一つです。

おすすめランキング第2位:イーサリアム:ETH

イーサリアムもビットコインやリップルに次ぐ人気のアルトコインです。

イーサリアムの斬新な技術が評価され、マイクロソフトを始めとする大手企業との提携により、価格も大きく跳ね上がりました。ちなみに元ライブドアの堀江さんが注目していた暗号通貨としても有名です。

何と言ってもビットコインの技術的な欠陥を補完し、機能を充実させている点も人気にさせた理由です。

代表的なものが「スマートコントラクト」です。

ビットコインはブロックチェーン上に全ての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができます。

イーサリアムの画期的な技術が大企業も注目していることから、将来的にもさらに価値が上がると思われるアルトコインです。

おすすめランキング第3位:ライトコイン:LTC

ライトコインは「第2のビットコイン」とも言われ、仮想通貨の中でも歴史は長く、リリースされてから不動の人気があります。

ビットコインの欠点を補うために誕生したとも言われ、ビットコインが金なら、ライトコインは銀に例えられます。

取引認証時間(決済)が早く2.5分です。ビットコインは約10分です。

また発行上限がビットコインの4倍なので、インフレ率がビットコインと同じになります。

加えて、2017年4月から価格が急騰しており、急騰の理由として、「ライトコインが前述のビットコインの技術的解決策の最有力候補の一つ(セグウィット)と呼ばれる技術的施策を、ビットコインよりも先に採用しようとしている」とニュースでも言われています。

セグウィットでライトコインが今後どう動くのか注目が集まっています。

まとめ

数多くあるアルトコインですが、購入を検討して迷った時は有名どころをいくつか押さえ、自分が満足いくまで調べることも大切です。

予算的にも買いやすいアルトコインを選んだら、どんな仮想通貨なのか評価はどうなのかなどを調べ、無理のない範囲で購入してみてください。

-仮想通貨の知識

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.