仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨取引所

bitbank(ビットバンク)の口コミ&評価!使い方から手数料などの気になる情報を解説!

投稿日:

bitbank(ビットバンク)

色々な仮想通貨がありますが、やはり最も流通しているビットコインの購入を検討しているという人は少なくないです。

王道だからこそ、信用できる取引所で取引がしたいと思うのは当然です。

ビットコインを取り扱う取引所はいくつかありますが、どこを信用して良いかわからない人に、今回はビットバンクについての評判や、使い方などをご説明します。

bitbank(ビットバンク)とは?

ビットバンクとは2014年5月にビットコインなどの仮想通貨の健全な普及を目的に設立された、ビットコインの取引所です。

日本のビットバンク株式会社により運営されています。

ビットコインの取引所でもありますが、ビットコインのFXにも力を入れておりビットバンクトレードも運営しています。

世界最大のビットコイン取引所を運営するOKcoinの間を取りついでいます。

また国内最大のビットコインのニュースメディアである「bitcoin news」を運営しています。

本格的にビットコインの取引、FXに興味がある人は欲しいものが揃っている取引所です。

bitbank(ビットバンク)の特徴

国内で唯一の追証なし(証拠金維持率30%下回ると発生)のビットコインFXトレードがレバレッジ最大20倍で利用できるところと、ビットコインの取引ウォレットでコインの保管ができます。

FXのように賭け金の最大20倍の金額を賭けて取引ができます。

小さな資金を効率よく増やすことができるのが特徴です。

また必ずしも最大レバレッジで取引する必要はなく、投資者が無理なく柔軟にトレードできるようになっています。

しかもビットバンクの登録はメールアドレスだけで口座開設ができ最短で1分で完了します。ビットコイントレードはメールアドレスとSMS承認で最短2分で完了します。

日本円の入金は、住信SBIネット銀行同士なら24時間365日リアルタイムで反映されるので、すぐにビットコインを購入することができます。

bitbank(ビットバンク)の取引仮想通貨

ビットコイン(BTC)ビットコインは仮想通貨の中で最も流通しています。

現在の暗号通貨全体の仕組みの大元になっています。世界中で何百種類とある仮想通貨も、ビットコインを元に作られました。

  • 最大発注数量100BTC
  • 最低発注数量0.0001BTC
  • 通貨ペア名BTC/JPY

リップル(XRP)リップルは「Ripple lnc.」という企業が主体です。

開発された仮想通貨(リップルズ)を利用した、金融システムのサービスがあります。

サービスの一例として、マイナーな国の通貨を別のマイナー通貨と為替取引したい場合、取引所での手続きが大変だったり、手数料がそれなりに掛かってしまいます。

ですが、リップルを仲介することで、効率かつ、手数料も安く済むことができます。

  • 最大発注数量100,000XRP
  • 最低発注数量0.0001XRP
  • 通貨ペア名XRP/JPY

ライトコイン(LTC)ライトコインは「第2のビットコイン」とも言われ、リリースされてから不動の人気があります。

ビットコインの欠点を補うために誕生したとも言われています。

取引認証時間(決済)が早く2.5分です。ビットコインは約10分です。

また発行上限がビットコインの4倍なので、インフレ率がビットコインと同じになります。

  • 最大発注数量1000LTC
  • 最低発注数量0.0001LTC
  • 通貨ペア名LTC/BTC

イーサリアム(ETH)イーサリアムの斬新な技術が評価され、マイクロソフトを始めとする大手企業との提携により、価格も大きく跳ね上がりました。

それが「スマートコントラクト」です。ビットコインはブロックチェーン上に全ての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することがで注目が集まりました。

  • 最大発注数量1000ETH
  • 最低発注数量0.0001ETH
  • 通貨ペア名ETH/BTC

bitbank(ビットバンク)の手数料

ビットバンクの売買手数料はメイカーとテイカーの取引によって手数料が変わってきます。

売買手数料

メイカー テイカー
BTC/JPY マイナス0.05 % 0.05%
XRP/JPY マイナス0.05%~0.25% -
LTC/BTC マイナス0.05%~0.25% -
ETH/BTC マイナス0.05%~0.25% -

メイカー

注文が取引板(気配値)に並ぶことにより、結果として市場の流動性を作る取引のこと。

つまり、自分で価格をつけて売買すること。

テイカー

注文が取引板(気配板)に並んだ既存の注文で約定することにより、結果として市場から流動性を取り除く取引のこと。

つまり、既存の価格で売買すること。

入出金手数料

入金手数料 出金手数料
日本円 無料* 540円/756円(3万円以上)
BTC 無料 0.001BTC
LTC 無料 0.001LTC
XRP 無料 0.15XRP
ETH 無料 0.0005ETH

*入金時の銀行への振込手数料は、自己負担です。

仮想通貨にも出金手数料があると載っていますが、仮想通貨の出金の際に発生する手数料はマイナーに対する報酬に相当する対価を意味し、ビットバンクが受け取るものではありません。

ビットバンクの使い方について

ビットバンクの登録からビットコインの購入までを説明します。

ビットバンクの登録の仕方

手順1ビットバンクのHPへ行きます。

画面中央にメールアドレスを入力する欄があります。入力したら「新規登録」をクリックします。

手順2ビットバンクからメールが届くので、確認します。

表示されているURLをクリックして、パスワードを設定します。

パスワードを無事に設定できれば登録完了です。

次に、本人確認を行います。

本人確認でも5万円の入金ができますが、日本円や仮想通貨の入出金や仮想通貨保有していることで、本人確認が必要になる場合がありますので先に済ませておいた方が、後々楽になります。

手順3ビットバンクにログインします。

するとグラフの画面が表示されます。

右上に人のアイコンがあるのでそれをクリックして本人確認設定画面へと移ります。

手順4左側の「登録情報」をクリックすると、登録情報の画面に移ります。

そこにある「基本情報の登録」の緑色をした「登録」をクリックします。

手順5「基本情報の登録」の画面に移ります。氏名から住所まで入力します。

この時、本人確認書類の名義と入出金口座の名義が同一である必要があります。

入力したら「次に進む」をクリックします。

手順6基本情報の登録取引の目的、職業、外国の重要な公人かどうか、などの入力欄があります。最後に「確認」をクリックします。

手順7基本情報の登録最後に、名前、フリガナの入力欄があり「登録」をクリックします。

無事に完了するれば、基本情報登録が完了しました、と表示されます。

手順8本人確認書類のアップロードをします。これも無事に終わると、アップロードが完了しました、と表示されます。

「審査中」となっていればOKです。

後は審査が終了し、登録住所に確認書類が届くのを待つだけです。

bitbank(ビットバンク)への入金方法

手順1ログイン後、画面右上のメニューから「入出金」をクリック。

手順2入出金画面の、日本円の右側にある「入出金」ボタンをクリック。

ビットバンク指定の振込用口座を確認します。

手順3振込が完了すると、メールで入金完了の通知が来ます。ビットコインに反映されれば取引ができます。

bitbank(ビットバンク)でのビットコインの買い方

ログインした最初の画面が「トレード画面」です。取引は注文フォームからできます。

手順1指定した数量をすぐに購入したい場合、「成行」で注文します。指定数量が全て約定するまで購入します。

手順2指定した価格で購入する場合、指値注文をします。購入したい価格と数量の二つを指定します。他のトレーダーが発注した注文とマッチングすれば約定します。

bitbank(ビットバンク)の口コミ&評判

ビットバンクは日本ではそこそこのシェアがあるので、前向きに注目されています。

登録も本人確認においてもわかりやすいので、初めての人にも慣れやすいのが利点です。

しかも、高機能なアプリがスマホに完全対応しています。

ユーザーたちのビットバンクを注目する口コミもあり、期待する声もありました。

匿名男性

それにしてもロックアップ発表→5.22のカンファレンス、bitbank で取扱い開始などしばらく目が離せないな〜

匿名男性

これもイイ知らせだ。bitbank.ccにてアルトコインの取り扱いを開始予定、第一弾はLitecoin 〜XRPやETHなど、順次追加予定〜」2017/4/22「bitbank.cc、入金に住信SBIネット銀行が加わった!

住信SBIネット銀行が加わったことで入金の繁栄も早くなり、さらに取引がしやすくなりました。

匿名男性

bitbank.cc、なかなか良いわ。BTCBOX除外してこっちにシフトしよう

また、他の取引所から乗り換える人もいるようなので、使いやすい点は高評価です。

bitbank(ビットバンク)のデメリット

高評価のビットバンクですが、当然デメリットもあります。

・アルトコインの取り扱いが少ない

・クレジットカードでの入金ができない

このようにアルトコイン自体の取り扱いが少なかったり、クレジットカードでの入金が不可などの利便性に少し欠けるところもあります。

ただし、それらを気にしない人にとってはそれほど、デメリットとは感じないでしょう。

まとめ

ビットバンクはビットコインのニュースも配信しているので、初心者でもわかりやすい作りになっています。

ビットコインを売買するだけではなく、FXもできるようになっているので、これからビットコインをメインに学びたい方にはオススメの取引所です。

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.