仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン ビットコイン

ビットコインキャッシュとは?特徴や購入の方法は?どこで取引できる?

投稿日:

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとは2017年8月1日にビットコインが分裂して誕生した仮想通貨です。

ビットコインキャッシュは先行して海外の仮想通貨取引所で取引することができます。

分裂してすぐに、リップルを抜いて時価評価額第3位にまで上昇しました。

今回は、そんなビットコインキャッシュをご紹介します。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュですが、結局のところ普通のアルトコインとは何が違うのか、分裂とはどういうことなのか、など特徴などをご説明します。

ビットコインとの違い

ビットコインとは別物の仮想通貨

基本的にビットコインとは別物の仮想通貨であると認識して良いでしょう。

基本的な機能はビットコインと変わりませんが、設計図とも言える「コースコード」がビットコインとは違います。

どのアルトコインもビッコインを元に作られているだけです。

台帳の大きさの違い

「ブロックサイズ」という取引台帳のデータ容量がビットコインとは異なります。

ブロックチェーンという台帳に取引を記載していますが、ビットコインは1MBと容量が決められいます。

10分間に1回取引台帳は更新され、10分間で1MB以上の取引データは処理できません。

ビットコインキャッシュは8MBに拡張され、より多くの取引処理が行えるように作成されました。

開発者がが違う

ビットコインは2008年にサトシナカモト氏による論文を基に世界中の技術者達によって開発が行われてきました。

ビットコインキャッシュは2017年に入ってから提唱されたもので、ビットコインを開発してきた技術者とは異なる人たちです。(※具体的に「誰か」は不明です)

ビットコインとビットコインキャッシュとの関係

この両者の仮想通貨は全く異なると言いましたが、全く関係ない訳でもありません。

ビットコインを8月1日前にすでに保有していた方には取引所や販売所からあらかじめ下記のことについて、連絡が来ていたかもしれません。

『ビットコインが分裂した時は、同数のビットコインキャッシュが割り当てられるます』

一例としては、

10BTC(300万円分だとします)+10BCH(60万円分)=360万円

つまり、60万円分のビットコインキャッシュをもらえたことになります。

実際に取引所が混乱するとのことで、多くの取引所が8月1日の取引は一時停止もしました。

ビットコインキャッシュを購入する方法

ビットコインキャッシュは今のところ大手の取引所で取り扱っています。

購入するには、取引所でアカウントを登録することで、他のアルトコインと同じように購入できます。

購入できる取引所

どこでコインキャッシュを購入しようか迷っている場合は、日本国内の大手の取引所の中から抑えておけば問題はありません。

・ビットフライヤー

・コインチェック

・ザイフ

・ビットボックス

などです。

コインチェックから購入する

例えば、日本では大手のコインチェックから購入するのが初心者でも気負いすることなく、手軽に購入できます。

【手順1】アカウントを作成します。すでにコインチェックでアカウントを持っている場合は日本円を入金することで、購入できます。

コインチェックでのアカウント作成は初心者でも簡単に行えます。

アプリをダウンロードすればスマートフォンからも登録ができます。

フェイスブックで登録なら入力を省いて10秒で登録できます。

本人提出書類は、本人の顔写真が一緒になっている書類を提出すれば完了です。

パスポートや運転免許証または特別永住者証明書などのいずれか1点になります。

【手順2】コインチェックではクレジットでも仮想通貨を購入できます。

今回は、クレジット購入ではなく、日本円を振込んで購入するやり方です。

【手順3】日本円を入金するには、あらかじめ電話番号の登録が必要です。

日本円を入金するをクリックすると、自動的に電話番号の登録画面が出てきます。

【手順4】今現在使っている携帯電話の番号を入力して送信ボタンを押すと、携帯電話にSMSメールが届くので、届いたメールに記載されている認証コードを6桁入力し、「承認する」ボタンをクリックして完了です。

【手順5】次に、「金額を指定して購入する」の画面になるので日本円の金額を入力します。

【手順6】入力した日本円に対して、どれくらいのビットコインが購入できるか表示されます。

よければ購入するボタンをクリックします。

振込先の口座情報が表示されるので、振込を行います。(この時点では、まだコインを購入していません)

【手順7】入金の確認がされると、上タブの「入出金」をクリックすると、振込んだ額の日本円が表示されています。

これでコインが買えるようになります。

コインを買う

【手順1】「コインを買う」をクリックすると、ビットコインを含めたいくつかの仮想通貨が表示されていますので、ビットコインキャッシュをクリックします。

【手順2】下にいくと、仮想通貨の数量を入力する欄があるので、入力します。

例えば1BCHと入力すると、その下に、1BCHに対しての購入時のレートが表示されます。

合計欄に、手数料を含めた料金が表示されます。(また手数料に関しては、仮想通貨の消費税は2017年7月より無料になったのでご確認ください)

【手順3】念のため入力した金額を確認してから、最後に「購入する」ボタンをクリックして完了です。

クレジットカードで購入する

クレジットカードで購入する場合も「電話番号認証」が必要です。

ただし、購入したコインを送金したり、日本円に換金する場合は、クレジット決済でビットコインを購入してから1週間以上経過している必要があります。

【手順1】

電話番号承認が完了すると、「クレジットカードで購入する」画面が表示されます。

最小の金額は5,000円からです。最高は100万円までです。

【手順2】

料金設定がいくつかされているのでその中から選びます。

選ぶと下に、合計金額と購入時点のレートが表示され、よければ「購入する」をクリックして完了です。

ビットコインキャッシュの今後について

ビットコインキャッシュはビットコインからの分裂とのことで誕生と同時に時価評価総額もグッと上がりましたが、ビットコインとは区別されるアルトコインの一つです。

ビットコインキャッシュの価格

8月1日に誕生した時は75,000円ほどでしたが、一気に下落し25,000円ほどまで下がり、35,000円〜37,000円上がりをキープしていましたが、8月17日から一気に上昇し10万まで達しました。

その後も、大きな買い戻しはなく8月後半は80,000〜79,000円あたりにいます。今後、大きな暴落がなければキープするか、ゆっくり上昇していくかになりそうです。

また生まれたばかりの通貨

ビットコインキャッシュはまだ誕生したばかりの通貨です。今は価格が上がっていますが、絶対に上がるだろうから多額を投資するようなことは控えたほうがよろしいでしょう。

イーサリアムの際の分裂に関しては運営側が対立したことによって生まれたものですが、今回のビットコインキャッシュは「通貨自体の問題」になります。

ですので、今後の運営がそうなるのかは全く読めません。しかも、ビットコインキャッシュのマイニングを担う業者はどうするのかもまだ分からない状態です。

まとめ

ビットコインキャッシュへの投資に関しては慎重に行う必要があります。

大手の取引所では扱っているところも増えて来たので、チャートで日々確認するなどして状況を観察しながら、無理のない金額を購入してみるなど、焦らずに対応していきましょう。

-アルトコイン, ビットコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.