仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

ビットコイン

ビットコインのメリット・デメリットは?稼げるポイントと危険性をわかりやすく解説!

投稿日:

2017年は仮想通貨元年とも言われ、ビットコインの半減期や、ビットキャッシュと分裂する出来事もありました。

全国的にもニュースになったりと、今まで仮想通貨に興味がなかった人の耳にも届くようになりました。

これからビットコインを購入しようと考えている場合に、稼ぎ方のポイントや危険性についてご紹介します。

仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨のことをちゃんと理解して、仮想通貨を買っていますか?よく分からないけど、最近話題になっているし、とりあえず所有して入れば資産が増えるんじゃないか?とあやふやなまま購入しているとしたら、ここで基本的な知識だけでも知っておく方が、いざ悩んだ時の判断材料になるかと思います。

仮想通貨は電子マネーとは全く別物です。電子マネーは国が発行している通過を、スマホや専用のカードにチャージします。

仮想通貨はネット上に存在している通貨で、何処かの国が発行したものではありません。国を属さないので、銀行などの仲介組織がありません。

そのため、仮想通貨にはこんなメリットが、

  • 個人間で送金ができる
  • 取引手数料がとても安い
  • 価格が上がれば、資産が増える

どこの国家にも属さない通貨

例えば、国家の通貨は財政破たんになってしまえば、国家の信用が落ちて、国の通貨の価値も失われてしまいます。

一万円札が極端に言うと、一円の価値しかなくなるようなものです。

そのような危機に陥らない為にも、国家の枠を超えた世界共通の暗号通貨、いわゆる仮想通貨が作られたというわけです。

その時、仮想通貨を持っていたことで、とりあず日本以外でも使うことができます。

暗号変換されたインターネット上のお金

インターネット上に何故、通貨が存在しているのか、それは世界で最も普及しているビットコインが、現在の暗号通貨全体の仕組みの大元になっているからです。

暗号通貨の原理を考えた「中本哲史」さんはアメリカの巨大掲示板に論文を発表し、ビットコインを開発するためのソフトウフェアをネット上で公開しました。

オープンソースなので誰にでも見ることができ、誰にでも書き換えられるので、言ってしまえば誰にでも仮想通貨が作れるわけです。

世界中で何百種類の仮想通貨が存在している理由です。

中本さんのが開発した仕組みは、

  • ブロックチェーン
  • P2P

この2つが暗号通貨が価値のある世界通貨になった画期的な技術でした。

つまり、銀行のような仲介を通さなくても、個人間で「通貨とされる数字」が取引できる技術が、公開鍵暗号といった暗号技術であり、暗号通貨の誕生でした。

ブロックチェーンとマイニング

ビットコインの「取引」には銀行を必要としない代わりに、検証が必要です。

その取引が正常かどうか暗号を解読しなければいけないのですが、全ての取引を検証しなくてはいけないので膨大な計算が必要になります。

そこで世界中のサーバーを借りて検証するのですが、その検証作業に手伝ってくれた方には、報酬として新規のビットコインが少額ですが払われます。

その作業を「マイニング」と言います。

検証され正常だと判断された取引は、ネットワーク上の巨大な台帳に繋げられます。

取引台帳があることで二重支払いや、偽造といった行為を防ぐ仕組みになっています。この仕組みが「ブロックチェーン」と呼ばれています。

ビットコイン含め仮想通貨の将来性

ビットコイン以外の暗号通貨をアルトコインと言います。ビットコインが大元になっています。

中には、マイニングしないものや、ビットコインとは用途が違うものも存在します。

ですが通貨なので使われることが前提です。

ビットコインはすでに世界中で使われています。

送金する手数料も格安なので、新興国で働いた人が、祖国の家族に仕送りする際も、高い手数料で銀行を仲介するより、ビットコインで送る方が効率がいい場合があります。

このように、ビットコインを使う人(所有者)が増えれば、価格もどんどん上昇していきます。

現に、ビットコインは2017年5月から価格は急上昇しています。また、資産として、現金をビットコインに変える人が増えることでも価格は上昇していきます。

ビットコイン基本情報

  • 通貨単位:BTC
  • 発行上限枚数:2100万BTC
  • 承認時間:10分

10/20高値:¥640,357
10/20安値:¥626,489
24h 前日比:▲ ¥4,881 (0.77%)
24h 出来高:81,460.50 BTC (518億9,261万円)

ビットコインは発行量の上限が2100万BTCと決まっています。

2009年に初めて発行されてから約10分ごとに発行され続け、2140年頃に2100万BTCすべてが発行されます。

ビットコインの価格

ビットコインの価格は2017年5月から急上昇を始めました。というのも2016年の11月は1BTC=

7万円後半、12月はいよいよ10万円突破という価格でした。

その時でさえ、「もう10万を突破するなんて」ちょっと予想外でした。10万円突破は来年になると思っていました。

それが、2017年5月には20万円突破、7月に半減期がありまた上昇、8月に分裂する直前にまた急上昇しました。

そして11月に「Bitcoin Goid」によるビットコインのブロックチェーンが分裂します。

そのため、10月21日には1BTC=69万円まで上昇しました。

このように何かイベントがあるたびに急上昇する傾向があり、専門家の中にはこれから3年の間に数百万〜数千万にまで上がると予想している人もいます。

【【ビットコインのメリット】】

ビッグカメラのビットコイン決済導入を皮切りに、

  • アマゾン
  • 楽天
  • DMM
  • iTunes
  • nanaco
  • Paypal

リアル店舗では5,000以上の店舗がビットコイン決済を導入しています。

アメリカでは人気のオンラインサービス。

リアル店舗なら国によってですが、

  • スターバックス
  • バーガーキング
  • ファミリーマート
  • サブウェイ

などでビットコインが使えます。

数年前は投資目的だけでしたが、現在では日本でも実際に使えるようになってきました。

また、ビットコインのデビットカードを入手すれば、VISA、MasterCardなどカード加盟店なら、日本でも海外でもビットコインが使えるようになります。

海外旅行に行く前に、手数料を払って円を外貨に両替いしなくても済むようになります。

ビットコインのデメリット

仮想通貨は国のお金ではないので、よく分からずに使うのは安易かもしれません。

これからどんどん有名になり、誰しもが所有していて当たり前の時代ならいいかもしれませんが、まだ仮想通貨は誕生し謀りです、仕組みが分かった上で購入したり、使ったりすることが懸命です。

ビットコインは相場が日々変動します。「昨日より安くなってる」なんてことはよくあります。そこで、慌てないようにしましょう。

ビットコインでの稼ぎ方

ビットコインは2017年10月現在も価格が上がり続けています。

11月にもさらに2つの仮想通貨が分裂するらしい情報があります。そういったイベント前は価格が上昇しやすい傾向にあります。

  • 短期間で一気に稼ぐ方法
  • 長期間でコツコツ稼ぐ方法

の2パターンがあると思います。

どちらも高騰する前に購入しておくことがポイントです。

  • 短期間=まとまった額で差額を稼ぐ
  • 長期間=少額で定期のように積み立てる

どちらのパターンも価格が上がることがあくまで前提となります。

稼ぎ方のポイント

ビットコインの半減期がくると言われた時、一気にビットコインが価格が上昇しました。

何かしらのイベントの前は、そうやって価格が急上昇する確率が高いです。

2017年10月現在、またビットコインの価格が上昇していますが、これは11月にビットコインが再び分裂すると予想されているからだと思われます。

このように、ビットコインに関する情報を常に入手できるようにしておくことが、効率よく稼ぐポイントでもあります。

ビットコインを扱っている取引所

日本国内でビットコインを扱っている取引所はいくつかあります。

  • coincheck:アルトコインも豊富に取り扱っています。日本最大手。手数料安い。
  • bitFlyer:ビットコインだけでなく、アルトコインも取り扱うようになった。最大手。
  • GMOコイン:ネット企業大手GMOの傘下。ビットコインFXにも対応。
  • みんなのビットコイン:「みんなのFX」でも有名。ビットコインFXをスタート。
  • Zaif:手数料安い、マイナス手数料などがある。
  • ビットバンク:ビットコインFXにも対応している。

などです。

気をつけること

ビットコインで気をつけなければならないのが詐欺です。

「ここでビットコインを購入すれば、1日1%の配当がもらえる」なんてところは怪しんだ方がいいでしょう。

他にも、「マイニング投資をすれば、マイニングした分の何%かが毎日配当される」など、極端に配当金が高いなど、そういった詐欺グループは急増しています。

国民生活センターにも仮想通貨でのトラブルに関する連絡がかなり増えているそうです。購入に関してはよく調べてから行ってください。

また、ハッカーにも気をつけましょう。

仮想通貨はネット上にあるのでどうしてもハッカーと隣り合わせです。

取引所でも防衛はしていますが、完璧ではありません。

一番安全なのは、購入した仮想通貨を外部機器に移して、オフラインにして保管することもできます。

また取引所に置いておくだけでなく、ビットコインなら「Bitcoin Wallet」があります。専用のウォレットです。

そういったところに写すなどして、自らも資産を守っていきましょう。

まとめ

ビットコインについていかがでしたか?効率的にビットコインを購入するためにも、自分にあった取引所を見つけて、無理なく計画的に購入してみましょう。

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.