仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨取引所

BtcBoxの評判は?取扱い通貨はどのくらいある?使い方や手数料についても

投稿日:

BTCBOX

ビットコインの価格が急速に上昇している今、ビットコインの購入を考えているがどこから購入するべきか迷っている人も少なくはありません。

新しい販売所から老舗の販売所まで、仮想通貨を購入できるところはかなり増えています。

そこで今回は、日本版と中国版の取引所がある老舗のBTCBOXをご紹介します。

BtcBoxとは?

2014年3月に設立された老舗の仮想通貨取引所です。

日本版と中国版の取引所があります。代表は中国の方が努めています。2年以上サーバーダウンゼロと謳っています。

また、2017年8月に新しく誕生した仮想通貨「ビットコインキャッシュ」もすでに取引が開始されています。

BtcBoxの特徴

大きな特徴は日本版と国際版の取引所があるところです。

取り扱い通貨ペアとサービスが少し異なってきます。どちらのホームページも日本語に変換できるようになっています。

日本版の特徴

日本版にはiPhoneとAndroidにアプリがあり、他社の取引所のビットコインの価格が一覧で確認できるようになっています。

他と比較しやすいので、これは初心者でも慣れている人でもありがたいシステムです。

また、ホームページに行くとわかりますが、「仮想通貨融資」という項目があり、これはいわゆる、ビットコインの信用取引のことです。

他社では「ビットコインFX」とも言われています。

国際版の特徴

国際版で「ゲームクレジット」という仮想通貨を購入することができます。

「ゲームクレジット」とは、通貨であるGameを使って利用するオンラインゲームのプラットフォームとして注目されている評判の通貨の一つになります。

つまり、Gameが使用できるオンラインゲーム内で、この仮想通貨を使うことができます。

BtcBoxの取扱い通貨について

日本版と国際版では取り扱う仮想通貨が違うです。

ですが、日本版しか登録できないことはないようです。

両方に登録して、取引したい仮想通貨を購入できるようになっています。

日本版

・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ(2017年8月に誕生したばかりの新しい仮想通貨です)

また「ライトコイン」、「ドージコイン」の取引が以前あったようですが、現在は取り扱ってないようです。(2017/8現在)

国際版

・ビットコイン

・イーサリアム

・ゲームキャッシュ

BtcBoxの手数料について

基本的に日本版も国際版も入金手数料は無料ですが、出金時や売買の際に手数料がかかってきます。

入出金、売買手数料を日本版、国際版それぞれご紹介します。

日本版の手数料について

他社では出金も無料のところがあるので、他社と比べて自分に合っているか確認しておくことも大切です。

また出金が有料でも、他社とは違うサービスがあったりするので、そこはポイントです。

・ビットコイン

  • 入金:無料(銀行への振込手数料は自己負担)
  • 出金:1回あたり0.001BTC
  • 売買手数料:約定数量の0.2%
・ビットキャッシュ

  • 入金:無料(銀行への振込手数料は自己負担)
  • 出金:1回あたり0.001BCC
  • 売買手数料:0
・日本円

  • 入金:無料(銀行への振込手数料は自己負担)
  • 出金:出金額の0.5%、最低400円
  • 売買手数料:約定金額の0.2%

国際版の手数料について

・取引手数料:0.2%

・コイン入金:無料

・BTC出金手数料:0.001BTC

・アルトコイン出金手数料:出金画面の提示を確認
・出金制限

  • ビットコイン:0.01〜200BTC
  • アルトコイン:出金画面の提示を確認

BtcBoxのセキュリティについて

セキュリティーは登録をしてから、

・「Google2段階認証」

・「ロングパスワード変更」

・「取引パスワード」

・「携帯SMS認証」

・「APIキー取得」

などを後から設定できるようになっています。

BtcBoxの使い方について

日本版と国際版がありますが、今回は日本版の方をご紹介します。

基本的にはホームページに入り、指示に従って入力して行くことになります。

シンプルなデザインとわかりやすさなので、初心者の方でもスムーズに登録できます。

アカウント作成方法

  1. BtcBoxのホームページへアクセスし、「新規登録」をクリックします。すると、メールアドレス、ロングパスワード、パスワードの再入力、利用規約のチェック項目画面が出てきます。それぞれの項目を入力し、利用規約へチェックを入れたら、「上記の規約を同意して次へ」のボタンをクリックします。
  2. すると、取引と出金の際に必要なパスワードの入力画面が表示されます。(ログインパスワードと別に作ります)確認用も入力して「次へ」をクリックします。
  3. 登録したメールアドレスに確認メールが届きます。メールに記載されているURLをからアクセスします。すると登録が完了したメッセージが、ホームページの方に表示されます。

本人確認の仕方

  1. 次に本人認証として名前、住所などを入力し、「本人確認書類の写真またはコピー」を免許証やパスポートをアップロードします。ファイルを添付したら、「本人認証を申請す」をクリックします。
  2. 本人確認が完了するまで待つ必要があります。申請が完了すると、認証完了メールが届きます。これで、日本円の入出金ができるようになります。

ビットコインの買い方

  1. 認証が完了したアカウントでログインします。画面の右側のメニューから「入金」をクリックします。BTCBOXでは事前に入金額を申請する必要があります。金額を申請後に表示される口座へ送金する形となります。
  2. 日本円入金画面に、入金額を入力するところがあるので、入力し「次へ」をクリックします。すると、入金先の口座が表示されますので、ATMやネットゆうちょからでも入金できます。
  3. 入金が完了すると、入金が完了したとメールが届くので、ホーム画面の「総資産」にも反映されます。入金が反映されていることを確認したら、「ビットコイン注文へ」をクリックします。
  4. 「ビットコイン注文へ」をクリックすると、価格推移を表すチャートと、「BTC買い注文」欄が表示されている画面になります。チャートと注文が同じ画面にあるので見やすくて便利です。画面下の買い注文欄に、購入した数量を入力します。その際、値段を設定(指値買い)するか、成行買いかを選びます。成行ならその時の値段になります。初心者の場合は、成行でもいいかと思います。
  5. 数量を入力したら、下の「買い」をクリックします。成立すれば、買いの完了です。その後の状況の確認は、画面左上の「財産センター」をクリックします。

出金の仕方

ビットコインを売却すると、「余力」に表示される日本円が増えることになります。その後、出金したい場合のやり方です。

  1. 「財産センター」に日本円出金があるのでクリックします。画面中央に、口座選択、出金額、取引パスワードの入力欄があるので入力し、「確認」をクリックします。アカウト登録時に確認口座を登録していない場合は、この時に口座を登録することもできます。

出金は完了です。

慣れてしまえばとても簡単です。

BtcBoxの口コミ&評判

実際に使っているユーザーの口コミを見ることで、さらに自分の中でイメージが湧きます。

使いやすい使いにくいは人それぞれ違うので参考にするといいでしょう。

しかもBTCBOXはビットキャッシュの取り扱いをいち早く取り入れているので、早段階での購入を考えている方は他との比較も大切です。

評価の高い口コミ&評判

匿名男性

サポートが手厚い印象。

取引のサポートがしっかりしているので初心者でも安心。

匿名男性

ホームページの売買ページにチャートも載っているので便利。

匿名男性

ネットからでも振込みができるので、銀行やATMに足を運ぶ必要がない。

評価がイマイチの口コミ&評判

匿名男性

購入できる仮想通貨が少ない点がマイナス。

匿名男性

出金手数料で、銀行への出金手数料が0.5%、最低でも400円と割高感がある。

まとめ

BtcBoxは老舗でありサーバーダウンが3年近くもない安心できる販売所です。

しかも、ビットキャッシュの誕生と同時に取り扱いをスタートさせました。

国際版の販売所がありグローバルな印象があります。手数料が少しかかる部分はありますが、広い視野を持ってビットコインの購入をお考えなら参考にしてみてはどうでしょうか。

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.