仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

ドージコイン(Dogecoin)の将来性は?現在の相場や購入できる取引所を解説!

投稿日:

ドージコインは2013年に公開された比較的古株の仮想通貨です。

トレードマークの犬のイラストは、日本の柴犬「かぼすちゃん」がモデルになっていることでも知られています。

寄付やチップなどの小口の資金集めに使われる面があります。

今回はそんなドージコインについてご紹介します。

トージコインとは?

ドージコインはライトコインやリップル、イーサリアムなどと同じ仮想通貨の中でもアルトコインという種類です。

アルトコイン以外はビットコインだけです。また、ドージコインは元々ビットコインのおもしろ版として登場した仮想通貨です。

要は、おあそび的な感じでのスタートでした。ネットにおけるチップとしての利用が高まり、寄付金の振込として利用されたりしました。

注目された切っ掛けは、ジャマイカのボブスレーチームやインドのリージュ選手のソチ冬季オリンピックに出場するための資金集めとして使用されたことで、知名度が上がりました。

ドージコインの特徴は?

ドージコインの仕組みはビットコインやライトコインとほぼ変わりません。

発行枚数やブロックチェーンを作る時間を見ていくとビットコインよりも、ライトコインに似た特徴があります。

  • ビットコイン:総発行枚数=2100万枚 ブロックチェーン生成時間=約10分
  • ライトコイン:総発行枚数=8400万枚 ブロックチェーン生成時間=約2分
  • ドージコイン:総発行枚数=上限なし ブロックチェーン生成時間=約1分

このようにブロックチェーンの生成時間が短いことで、レジの前で支払いをした時の決済時間が短くてすみます。

また送金手続きもスピーディーに行うことができます。

それだけマイニング速度が早いということです。

そのためすぐに渡せつ仮想通貨として、チップや寄付などの少額を移動させるには重宝されています。

マイクロチッピングとは

上記のようにドージコインは決済が早く低額の寄付金や、チップだったりと特殊な使われ方をしていることもあり、注目度の高い仮想通貨です。

ドージコインは小口の資金集め、つまり「マイクロチッピング」が可能です。

ビットコイン&ブロックチェーン研究所の代表、大石哲之さんはマイクロペイメント(少額支払い)についてこう解説しています。

「マイクロペイメントは、主に投げ銭やチッピング、デジタルコンテンツの視聴などといった、少額の課金に利用することが想定されている」

世界中の人が投げ銭として利用できる仕組みがドージコインにはあります。

Doge Marketの存在について

Doge MarketとはReddit内にあるコミュニティサイトです。

このコミュニティサイトではドージコイン商品を購入したりビットコインに交換することができます。

またドージコインの購入など、分からないことがあれば、質問をして回答をもらうことができます。

意見交換や質問ができるサイトがあるのは、かなり便利ですし、これからの普及にも役に立つシステムです。

ドージコインの価格と将来性について

ドージコインは他のアルトコインと比べて、特殊な使われ方をしているため、発行された当初は急上昇しましたが、あまり値動きのない仮想通貨と言えます。

ですが、決済が早くチップや寄付などの小口支払いに向いていることから、派手な上昇や下落がなくても、スマートに利用したい人にはあれば重宝される存在でもあります。

ドージコインの価格について

リリース直後に急上昇しまし、24時間以内に流通量が300%増加した時もありました。

リリーズ直後の価格が1DOGE=0.2円前後でした。

ここ最近は仮想通貨ブームに入り、ドージコインもじわじわ価格を上げてきました。

  • 3月10日、1DOGE=0.023円
  • 4月2日、1DOGE=0.055円
  • 5月8日、1DOGE=0.172円

と公開直後の0.2円に迫る勢いでした。そしてなんと、そのまま値段は高騰しました。

6月30日、1DOGE=0.4円を記録。

その後は買い戻しなどで値段を下げて、7月31日、1DOGE=0.2円前後で推移しています。

ですが、リリース直後の値段まで戻ったので、まだまだこれから注目されていきます。

ドージコインを購入するメリット

日本にはあまりチップ文化はありませんが、例えば小銭貯金のように、少額をへそくりのように貯めていくことが容易にできます。

また海外に寄付をしたい時も簡単に行うことができます。

また国内外でドージコインを扱う店舗が増える可能性はあります。

よく海外に出かける人や、または国内から海外のサイトで買い物をする人など、あるいはこれから仮想通貨を購入しようと考えている人など、少額から始められるメリットもあるので、考えてみるのもいいでしょう。

ドージコインの将来性について

チップ文化や寄付をする習慣は日本より海外の方が根強くあります。

世界中で小口決済用としてユーザーがさらに増える可能性はあります。

他とは違うユニークな使い方が小口でできるので、ネットで商品やサービスを購入した人にポイントとして提供したり、企業の販促企画になったりと利用されることが増えるとも考えられます。

ドージコインを購入する方法

日本国内ではまだあまり取り扱っている取引所が少なく、現在は「Mr.Ripple」という取引所で扱っています。

この取引所は福岡県にある日本の取引所で、ドージコインの他にビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインなどの仮想通貨の取引ができます。

購入できる取引所

ドージコインを購入することができる取引所は「Mr.Ripple」という取引所で、サイトから申し込むことができます。

加えて、2017年9月に「Mr.Ripple」は「Mr.Echange」に全面リニューアルしました。そこから新規アカウントを作成します。

登録の仕方〜購入まで

  1. 「Mr.Echange」のサイトに入り、「新規アカウントを作成」ボタンを押して登録をする。
  2. 「新規アカウント作成」ボタンを押すと、背景が黒い入力画面に変わります。そこで、アカウント名、パスワード、メールアドレスを入力し、「サインアップ」をクリック。
  3. 次に、氏名、生年月日、住所などを入力する画面に変わるので入力して、「送信する」をクリック。
  4. 「身分証明書」と「住所確認書類」をアップロード完了したら「これで送信」をクリック。*身分証は運転免許証かパスポートで大丈夫です。住所確認書類は3ヶ月以内の住民票か、公共料金領収書か、納税通知書などになります。
  5. 順調に完了すると、「ご登録ありがとうございます」という画面が出てくるので、「閉じる」と」銀行口座登録」の画面になるので入力して「登録」をクリック。
  6. 入金画面になります。「入金依頼」という画面になるので、入金額を入力します。下にある「入金する」をクリックします。*サポートより、「登録完了通知」のメールが届くと、入金依頼が出せるようになります。

まとめ

ドージコインはこれまでチップや投げ銭、寄付金としての利用法が主流で、送金手数料の安さを生かしマイクロペイメントではかなり重宝される仮想通貨です。

これから、災害時の寄付金や援助金集めにも利用される可能性も大いにあります。

ビットコインも初めは見向きもされていませんでした、それが何かの切っ掛けで利用されここまで価格が高騰しました。

ドージコインも同様に何が切っ掛けで高騰するかはわかりません。現在、時価総額の順位は30位前後ですが、安いうちに購入しておく手もありでしょう。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.