仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨取引所

仮想通貨通貨取引所「Fisco(フィスコ)」の特徴と使い方は?取扱い通貨と攻略方法!

投稿日:

ビットコインの購入にあたって、販売所がいいのか取引所がいいのか迷う時があります。

そんな時は、両方を兼ね備えている大手の取引所を選んでみてはどうでしょうか?

そこでFisco(フィスコ)はFacebookやツィッターを使って仮想通貨の情報を発信しています。

今回はそんなフィスコにスポットを当てていきます。

Fisco(フィスコ)とは?

Fisco(フィスコ)仮想通貨取引所はジャスダックに上場する株式会社フィスコ(FISCO)を母体とする仮想通貨の取引所です。

トレードもできますが、販売所も兼ねているのでフィスコから購入することもできます。

また、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)と提携をしており、取引方法やチャートなど同じ機能を一部利用してサービスを展開しています。

株式会社フィスコは独立系金融情報配信会社で、金融情報端末やYahoo!などのポータル・サイトに情報を提供したり、個人投資家向け会員制投資情報クラブを配信しています。

有料の情報発信だけでなく、FacebookやツィッターなどのSNSで情報を配信しているので、初心者の方でも簡単に仮想通貨の情報を得ることができます。

勉強しながら投資することができるので、初心者でも安心ですね。

個人だけでなく、株主通信作成サービスを法人向けに提供するなど、サポート体制も拡充しています。

Fisco(フィスコ)の基本情報

  • 社名:株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • 資本金:5,250万円
  • 設立:2016年4月12日
  • 代表:越智直樹
  • 本社所在地:東京都港区南青山五丁目4番30号 CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex 2F
  • (登記上の本店所在地) 大阪府岸和田市荒木町二丁目18番15号

ビットコイン建て債券とは

(株)フィスコの方ですが、ビットコイン建て債券を試験的に発行したと発表されました。

フィスコ仮想通貨取引所からフィスコのグループ会社を対象に発行したそうです。

  • 発行総額:200BTC
  • 当時のレートで換算すると:約1億円
  • 償還期間:3年
  • 利息:3%

ただ法的な位置付けがはっきりしていないそうで、「会社法上の社債ではない」とのことです。

会計処理の方法も定まっていないそうですが、金融情報サービスを提供しているだけあり、まずはグループ会社内で試験的に行ってみるチャレンジ精神はさすがです。

今後、将来的に活用できるデータが得られることができれば、「金銭」とは別の債権が誕生するかもしれないですね。

取扱い通貨

  • ビットコイン
  • モナーコイン

フィスコのホームページの売買画面は、ビットコインとモナーコインとでカラー分けされていて、とても見やすくなっています。

提携しているザイフとよく似た画面ですね。初めて売買する人には分かりやすさが、選ぶポイントにもなりますね。

モナーコインとは?

モナーコインは数あるアルトコインの1つです。モナーコインは日本初の暗号通貨(仮想通貨)です。

日本の巨大掲示板「2ちゃんねる」から生まれました。

ですがモナーコインを開発するモナーコインプロジェクトはどこの組織にも所属はしておらず、2ちゃんねるとも関係はないそうです。

ただモナーコインのプログラムは2ちぇんねる上で作成され、公開されたそうです。

モナーコインのマークはアスキーアートでよく描かれるネコちゃんですね。

公式HPモナーコインプロジェクトよりモナーコインのマイニングに参加すると、報酬としてモナーコインを得ることができるます。

サブカルに代表される掲示板で誕生しただけあり、同人誌のネット販売やPCゲーム購入に使うことができ、アマゾンギフト券やVプリペイド等に交換することもできるそうです。

Fisco(フィスコ)の特徴

フィスコでは「販売所」と「取引所」どちらも設置されています。

「取引所」はトレードになるので、売りたい人から買うことになります。

「指値:希望価格を決めてから注文」「成行:板にある既存の値段で注文」、や数量を指定してから購入します。

自分で色々決めるより簡単に購入できるのが「販売所」です。フィスコが提示している値段で購入します。

ビットコインもモナーコインも販売所でも取引所でも購入することができます。

他の取引所によっては、どちらか片方のみ設置されている、または、ビットコインは両方に設置されいるが、アルトコインは取引所にはない場合があります。

「販売所」で購入していたけと、トレードしたくなったら、同じ取引所で行えるので便利ですね。

仮想通貨販売のルール

ビットコイン・モナーコインとも売買する際の上限

  • 1回の上限:10万円
  • 1日の上限:50万円

手数料について

フィスコでの仮想通貨取引手数料はMaker、Takerどちらでも0円です。

入出金の手数料

  • 日本円の出金・入金は、1日5万を超える銀行振込は本人確認が必要。
  • 日本円入金:銀行への振込手数料はユーザー負担。
  • 日本円出金:50万円未満、手数料350円、50万円以上、手数料756円
  • BTC出金手数料:0.0005BTC
  • MONA出金手数料:0.001MONA

Fisco(フィスコ)を使うメリット

取引手数料が無料なので、初心者の人でもハードルを感じることなく始めることができます。

また、ビットコインの売買は「取引所」でも「販売所」でも0.0001BTCから始めることができるので、少額からスタートすることができます。

モナーコインは1MONAから購入ができますが、現時点では344円なので、こちらも少額からスタートできるのでお小遣い感覚で始められます。

Fisco(フィスコ)の使い方について

フィスコのホームページから「無料登録はコチラ」から簡単に登録するとことができます。

パスワード設定はこの時点ではありません。メールアドレス入力のみです。

新規登録と口座開設

  1. ホームページからメールアドレスを入力し「登録」をクリック。
  2. メールアドレスにフィスコからメールが届くので、本文のURLをアクセス。
  3. URLからログインし、電話番号認証、本人確認書類をアップロードし、手続きは完了です。アップロード後1営業日内に確認処理が完了します。

入金の仕方

  • 日本円入金の際の振込先確認
  • アカウント→入出金と履歴
  • 日本円入出金
  • 日本円入金(銀行振込)

より確認ができます。

日本円を出勤する際は、JPY出金ページから出金申請をします。事前に銀行情報を登録しておく必要があります。

ビットコインの購入の仕方

ビットコインとモナーコインは「簡単売買」から購入することができます。「販売所」の方での購入の仕方についてご紹介します。

  1. 購入したいビットコイン数量か、もしくは日本円の金額を設定することで、どちらかは自動的に表示されます。*とても分かりやすいので初心者の場合、こちらからでもいいですね。
  2. 数量や金額が決まったら、下にある「ビットコインを買う」をクリック。
  3. 注文確認画面が表示されます。注文に問題がなければ「OK」をクリック。
  4. 購入が完了すると、簡単売買履歴に表示されます。

売却の場合は青の方から操作します。購入は赤なので、とても分かりやすいです。

売却したいビットコインの数量か、日本円を設定して、「売る」で完了です。

まとめ

フィスコは手数料が0円、取引数量も少額から始められるメリットは、初めてビットコインを購入しようと考えている人にはかなりのメリットです。

トレードのチャートもザイフと連携され、初心者でも見やすくなっています。

ビットコインのにみ狙いを定めるなら、情報を配信しているフィスコは強い味方になってくれそうです。

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.