仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

フュージョンコイン(Fusioncoin)の特徴は?購入できる取引所と今後はどうなるか解説!

投稿日:

フュージョンコイン(Fsuioncoin)

フュージュンコインは2017年に発行された仮想通貨でビットコインとリップルを融合したような通貨だと言われています。

まだ誕生して日が浅く、どのようなコインなのかまだあまり知られていません。今回は、そんなフュージョンコインの特徴やどこで購入できるかなどをご紹介します。

フュージョンコインとは?

2017年1月に発行されたばかりのフュージョンコインはビットコインとリップルの良い点を混ぜた日本発祥の仮想通貨です。

発案者はビットコインを最初に日本に持ってきた、元ビットコインジャパン代表の人です。

リップルとも繋がりがあったその発案者は、ビットコインとリップルの良いところだけを併せ持つ仮想通貨を作ろうと、フュージョンコインを開発したと言います。

2つを併せ持つので、名前が「フュージョン」なんでしょうね。

ビットコインの良いところ

ではビットコインとリップルの良いところとはなんでしょうか?

どちらも名の知れた仮想通貨なので、聞いたことある、既に所有している人も少なくはありません。

ビットコインの良いところは、

  • ビットコインは仮想通貨の原点であり、世界で最も流通している仮想通貨。
  • 暗号キーによって取引情報を承認することで「ブロックチェーン」というオープンな台帳に取引情報を載せて信頼性を保ち、不正不可の画期的な技術を作った。
  • 発行限度枚数、2100万枚と限定することで希少価値を生み、価格が上昇する仕組みを作った。

などが挙げられます。

リップルの良いところ

一方、リップルのいいところには、

  • リップルはアメリカの「Ripple.lnc」という会社が作った送金・決済システムの総称。
  • マイナー通貨同士のパイプ役として開発された仮想通貨、「ブリッジ通貨」とも言われている。

などが挙げられます。

「ブリッシ通貨」とは、海外で出稼ぎをしていた場合、そこで得た給料を家族の元へ送金する際、いくつも銀行を仲介すると時間がかかったり手数料が掛かりますが、リップルを使うことで格安でしかもほぼ手続きなしで、送金ができるというものです。

フュージョンコンの特徴は?

フュージョンコインは上記のようなビットコインとリップルの特徴を併せ持った仮想通貨と言えます。

つまり、世界中どこにいてもスピーティーに他のデジタル通貨と交換ができ、3000万枚限定なので、広く世界中に展開することで、ユーザーが増え、価格の上昇が期待できるコインです。

フュージョンコインの価格と将来性について

2017年1月に生まれたばかりの仮想通貨ですが、ビットコインとリップルの利便性を併せ持った仮想通貨ということで注目が集まる可能性は十分にあります。

またリップルのようなブリッジ通貨にもなるので、銀行などの仲介を必要としないメリットは大きいと言えます。

フュージョンコインの価格について

2017年1月に発行されてからまだ日が浅く、2017年7月の段階では1XFC(フュージョンコインの通貨単位)=8.9ドル(約1,000円前後)を推移しているそうです。

1月の発行時点では1XFC=4.5ドルだったので、半年近くで倍にまで急成長したと言えます。

それだけ、ビットコインとリップルの特性を併せ持った仮想通貨として注目されているということです。

初めはビットコインもほぼ無価値の状態がしばらく続きました。それが、急に価格が上昇し話題になったのをきっかけに、値段は上がり続けました。

これからフィージョンコインがどう進展するかはまだ未知数ですが、可能性を秘めているとも言えます。

フュージョンコインを購入するメリット

  • 発行されてまだ価格がやすい点も購入しやすいメリットになっています。
  • ビットコインやリップルを既に持っている方は、これから交換もしやすく、フューションコインの開発者はリップルとも関わっているので、リップルを持っている方からの注目があるでしょう。
  • 注目が大きい分、成長も期待されています。投資目的に考えてもいいでしょう。

フュージョンコインの将来性について

フュージョコインはシンガポールを拠点として、ヨーロッパを中心に展開をしていく予定です。

現在、フュージョンコインはリップルIOUによって発行され、価格の保全になっています。また資産として保有しておきやすいように、各種カード会社との連携が予定されています。

フュージョンコインをビットコインやリップルに変えることもできるので、その時のマーケットに合わせて移転させるなどして、利益を得ることも可能になりそうです。

ブリッジ通貨としての期待

リップルも持っているブリッジ機能は、特にマイナー通貨とマイナー通貨を繋げるためには大変便利な仮想通貨と言えます。

リップルやフュージョンコインを使うことで、間に余計な仲介業者を挟まなくても、手数料や送金時間を大幅に抑えることができます。

日本国内で家族も一緒に住んでいるならあまり気にはしませんが、マイナー通貨を使っている人が、マイナーな国へ送金したい場合、手続きや時間、手数料がかなりかかります。

特に海外では重宝される技術です。

フュージョンコインを購入する方法

まだ発行されて日が浅く日本でも購入できる取引所はありません。

大手のコインチェックでさえもまだ販売されていません。

ですから、フュージョンコインの公式サイトから購入するしかありません。

フュージョンコインを購入できる取引所

日本国内の取引所ではまだ販売されていないため、フュージョンコインの公式サイトからになります。

ですが、今後フュージョンコインの価格上昇、ユーザーが多くなることで日本の大手取引所でも販売される可能性はあります。

登録の仕方〜購入まで

まずは、公式サイト「Fusioncoin.net」にアクセスをして登録をします。

  1. ホームページを開いたら右上の「Rsgister」をクリック。
  2. ユーザーネーム、メールアドレスなど必要事項を入力。最後に黒いボタンをクリック。
  3. 入力が完了すると、「登録完了画面」になる。その後、登録したメールアドレスにメールが届くので、開いて確認する。
  4. メールに届いたアドレスからログインする。ログインできれば登録は完了。
  5. そのまま氏名、生年月日、住所、銀行情報などを入力します。実際に購入するには銀行情報や電話番号での二段階認証が必要になります。最後に、下にある「登録」をクリック。
  6. 最後に「設定」→「セキュリティ」から二段階認証を行う。
    グーグル認証システムを利用します。
  7. そこまで完了すると、マイページに入金や取引の項目が追加され、「取引」をクリックし、購入数量を入力して「BUY」をクリック。

登録もさほど難しいことはありません。

まだまだどうなるかわからない仮想通貨なので、いきなりの大量購入は控えたほうがいいかもしれませんが、名が広く知られれば自ずと値段も高くなっていくはずです。

まとめ

まだ2017年1月に誕生したばかりの仮想通貨なので単純に認知度が低いこともありますが、リップルと提携している点や、ブリッジ機能や希少性などを考えるとこれから成長するかもしれない、仮想通貨の1つとも言えます。

仮想通貨は最終的にビットコインを含めて、3か4種類あるいはもっと少なくなると言われてもいます。

フュージョンコインが将来なくなる可能性は否定できませんが、成長する可能性もあります。

購入の際はチャートなどで成長の様子を見ながら、無理なく投資をすることをオススメします。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.