仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨の知識

ICOとは?仮想通貨の資金調達の仕組みや投資方法とは?

投稿日:

ICOとは?仮想通貨の資金調達の仕組みや投資方法とは?

ICOとは、独自の仮想通貨を発行することで、企業やプロジェクトが資金調達をするための仕組みのことを指します。

これまで、海外で非常に活発に行われてきたICOですが、日本でもいよいよICOを日本語で利用することができる仕組み「COMSA」が登場したことで、注目を浴びています。

この記事では、主にICOについて、詳しく解説します。

IPO(新規公開株)やクラウドファンディングとの共通点とは?

IPOとは、株式投資を行なう方ならご存知の単語ですが、未上場企業が新規上場することで、事前に公募したり、上場前の株式を売却したりします。

IPOされる株が人気の理由として、上場時に高騰することがままあるからです。

例えば、2017年の実績で言えば、クラウド会計ソフトを提供している「マネーフォワード」社は、公募時は1株1550円だったものが、上場初値は3000円で、ほぼ倍値となりました。

公募時に株を取得できていれば、上場の際に倍の値段で売却できたということです。全ての企業がこのように上手くいくわけではありませんが、注目されるのも当然と言えますね。

クラウドファンディングは、どちらかというとサービス提供に寄った仕組みとも言えます。

あるプロジェクトに対して、寄付や出資を募るという類がクラウドファンディングです。

儲けるというよりは、プロジェクトを応援するという意味合いが強いでしょう。

国内で支援を受けているプロジェクトも、モノづくりや映画作成といったアーティスティックなものが主流のようです。

ICOは、IPOの側面を持ちつつ、クラウドファンディング的な部分も持っています。

企業はトークンという独自通貨を発行し、何らかのサービスを提供します。

トークンはIPOでいうところの株式のようなもので、トークンを購入してもらうことで、企業やプロジェクトは資金調達を行なうことができます。

ICOのことを、プレセール、トークンセールと呼ぶこともあるのは、このためです。

また、ホワイトペーパーという、株式で言う目論見書のようなものを公開していますので、出資者はこのホワイトペーパーの内容を確認して、出資するかどうかを決めることになります。

ホワイトペーパーの内容は出資するに値する内容かどうか、しっかり確認しなければなりません。

出資者は、トークンを購入することで、何らかのサービスの提供を受ける権利を手に入れることができるわけですから、これはクラウドファンディング的と言えるでしょう。

そして、株式と同じように、トークンの値段は相場によって上下しますので、トークンの売買を行なうことで、出資者は差益を得ることも可能というわけです。

何が凄いの?どうして注目されているの?

ICOは公開するための審査が無いことから、非常に多くのプロジェクトが公開されています。

注目されているものでは、億を超える出資を集めている企業もあります。

ただし、それだけ注目を浴びている企業だから、良い企業だろうと考えるのは早計です。

中には、3億集めた企業が、その後、全くプロジェクトが動く様子がなく、詐欺ではないかと訴えられるケースも頻発しています。

自分の眼でしっかりと、ホワイトペーパーを吟味する必要があります。

そういった注意点を把握していれば、ICOは良い投資対象を選択するチャンスとも言えます。

比較的小さなスタートアップ企業を見つけて投資を行なえば、ビットコインやイーサリアムのように、大きく化ける可能性も秘めています。

まさしく、アメリカンドリームというわけです。大きく化ける企業を見極める目も必要ですが、わずかな可能性を求めてICOする企業のトークンを購入している方も少なくありません。

また、仮想通貨のプロジェクトばかりではなく、サービスを行なう企業もあります。

トークンを購入することで、一定のサービスを提供してもらえるというものです。

利益ばかりではなく、サービスそのものが目的に合えば、そういったサービス主体の企業のトークンを購入するのも良いでしょう。

公開のための審査が無いので、トークンと共に提供されるサービスも多種多様です。

英語ができる方なら、技術者向けSNSのGitHubなどで開発者に直接コンタクトを取って情報を掴むことも可能です。

様々な情報を吟味して、自分の好みに合ったものを探すだけでも楽しめますね。

ICOに参加するには、どうしたらいいの?

仮想通貨で行なうICOへの参加方法は非常に簡単です。

相手方の出資受付アドレスが公開されていたら、そのアドレスへ送金を行なうだけです。

取引所を通さなくても、自分が所有するウォレットから直接行なうことができます。

送金したら、チェーンへの書き込みが行われるのを待つだけです。

通常、数時間あれば書き込みが完了され、相手方からトークンが送られてきますが、ちょっと物足りないというか、トークンが上手く受け取れなかったり、送金自体が上手くできていなかったら、という可能性も考えると、初心者にはハードルの高い作業です。

というわけで、事前にしっかりと情報収集する作業が必要です。

初心者でも比較的すぐにできるのが、ICO情報サイトを見て廻ることです。

特に、海外のICOに参加する場合は、ICO情報サイトなどでホワイトペーパーの内容を確認しましょう。

英語の内容を日本語に要約してくれているサイトもありますから、わざわざ翻訳する手間も省けます。

情報サイトで当たりを付けて、狙ったICOの情報を精査する、くらいの慎重さで丁度良いくらいでしょう。

海外だけじゃない!日本語ネイティブでICO投資できる取引所は?

日本でICOに投資できる取引所と言えば、2017年の注目はCOMSAですね。

COMSAは2017年の夏ごろから始まったプロジェクトで、COMSAを利用してICOを行なうことができます。

また、COMSA自体がICOを行なっており、プレセールは10月から1か月間ほどありました。

COMSAのトークンを購入した出資者は、COMSAで行われるクローズドのICO案件に出資する権利を得ることができます。

実は、COMAS以前にも、Zaifで細々とトークンセールは行なわれています。

ただ、こちらはどちらかというと、メモリアルチェーンという、仮想ゲーム内でゲットできるレアカード目的のもので、投資というよりはサービス提供に近いものがあります。

投資を全面的に押し出したICOプラットフォームとしては、日本国内ではCOMSAが初と言えるでしょう。

2017年11月現在、COMSAでオープンにされているICOはCOMSAのみで、COMSAのプレセール自体も11月6日に終了しています。

これからICO案件が増えてくるものと思われますから、注目しておきたいですね。

ICOで注意しなければならない点とは?

IPOやクラウドファンディングは、法定通貨、つまり日本円を利用していることで、利用する側にも安心感があります。

円に対しての不安が無いためですが、ICOの場合は、イーサリアムを利用していますから、まずそのことへの不安がある場合は、ICOを行なう企業やプロジェクトへの出資が難しくなってしまいます。

現に、イーサリアムはハードフォークを起こしたり、サーバーダウンして暴落したりするなど、運用面での不安定さが露呈しています。

こういったことも起こり得る、ということを認識した上で、投資を行なう必要があります。

また、IPOやクラウドファンディングを行なう場合は、公開するまでに厳密な審査が行われます。

特にIPOの場合は、会計監査が入るため、公開までの道のりは非常にハードルが高いものとなります。

クラウドファンディングはIPOほどの厳密さではないにせよ、公開するために必要な書類を集めたり、あるいは公開資料を作成したりするなど、それなりの手間も時間もかかります。

対して、ICOは公開に当たって審査がありません。

必要な資料さえ揃えれば公開できるので、この手軽さが規模の小さいベンチャー企業などにとって、資金調達を行なうための手段として注目されている要因にもなっています。

これは、裏を返せば、誰でも体裁さえ整えれば資金調達ができるということで、出資金を狙ったマネーロンダリングなどに悪用される危険もあるということです。

2017年9月、まさに中国当局がICOを規制し、仮想通貨相場が暴落しました。

中国だけではなく、シンガポールやアメリカでも、規制に向かって動き始めていると言われています。

今は良くても、将来的に今のルールのままで取引できるかと言ったら、未確定要素が多いことも事実です。

ですから、IPOやクラウドファンディングへ投資するような感覚で投資を行なうことは非常に危険です。

誰も審査をしておらず、その企業が本当に存在しているのかどうかも分からないのですから、とても慎重に選択する必要があるということです。

仮想通貨を使って資金調達するメリットは?

企業やスタートアップしたばかりのプロジェクトにとって、仮想通貨を使った資金調達はどんなメリットがあるのでしょうか。

まずコストが安く収まるということがあります。

審査のために使う時間、手間、コストが抑えられることは、IPOやクラウドファンディングには無い手軽さと素早さがあり、早く資金化したい企業にとっては非常にメリットのあることです。

また、仮想通貨を使用することで、世界から資金を集めることができます。

IPOやクラウドファンディングは、法定通貨として日本円を使用することが多いのですが、どうしても法定通貨を使うことで、出資できる人の母数が限られてしまいます。

その点、仮想通貨は世界各国で利用されていますから、英語版のホワイトペーパーを用意すれば、海外からの資金を集めることも可能となります。

なぜイーサリアム?ビットコインではない理由は?

仮想通貨というものは、相手の通帳と自分の通帳に入出金の情報が書き込まれることで、送金が行われる仕組みになっています。

ビットコインはこれだけの処理なのですが、イーサリアムはこれに加えて「スマートコントラクト」という仕組みを採用しています。

「スマートコントラクト」を簡単に説明しておくと、ある一定額の資金が送られると、契約書を送金元へ自動的に送りかえす仕組みのことです。

つまり、イーサリアムを利用すれば、イーサリアムを送金することで、企業が発行する契約書(この場合はトークン)を自動的に送ることができるというわけです。

このことから、ICOではビットコインではなく、トークン購入のためにイーサリアムを採用する企業が多いのです。

また、同じ理由で、トークンのベースとなる仮想通貨も、ビットコインではなくイーサリアムを採用していることが多いです。

今後、イーサリアム以外の仮想通貨が使える可能性は?

イーサリアム採用についての懸念事項は、イーサリアムの運用自体が不安定であるということです。

ICOに広く採用されたことにより、トランザクションが増え、イーサリアムのキャパシティを超えてしまい、送金の遅延が起きたり、情報の錯綜によって、イーサリアム自体の価格が暴落するなどしています。

また、2016年には分裂騒動が起き、イーサリアム・クラシックという新たな通貨が誕生しています。

こういったことから、イーサリアム以外の仮想通貨を採用するといった動向も考えられるのですが、現状、イーサリアム以上にスマートコントラクトを使っていて知名度・流通量が申し分ない通貨、というものが存在しないということも事実です。

そのため、イーサリアムは今後も採用されざるを得ないという状況です。

もちろん、今後、イーサリアムを超える通貨というものが出てくる可能性は高いのですが、数年はかかりそうといったところです。

結局、ICOはやった方がいい?止めた方がいい?

自己責任で、ということはもちろんですが、良い企業、プロジェクトを見極めることさえできれば、有用な投資対象を探す楽しみがありますね。

良い投資対象を見つけるためには、ホワイトペーパーを読み込むことや、ICO情報サイト、格付けサイトなどで、自分から情報を探しに行くことが大切です。

ICOを行なっている企業は玉石混淆です。

全てを疑う必要はありませんが、公開されている情報や、開発状況の情報が必要であれば、技術者向けSNS・GitHubなどで情報を集めるのも有りでしょう。

自ら情報を取りに行く姿勢が、良い情報を引き寄せることにもなります。

間違えてはいけないのが、資金をたくさん集めている企業・プロジェクトが良い企業・プロジェクトであるという確証は無いということです。

こういった企業・プロジェクトに出資を考える場合は、なぜ資金が集まっているのか、将来性はあるのかなど、見極めていくことです。

もし、初めてICO投資を行なうのであれば、失っても良い額の資金から始めましょう。

どんな投資でもそうですが、いきなり大金をつぎ込むことは、ストレスしか生み、冷静に相場を見ることができなくなります。

最初は小さく初めて、徐々に資金を増やしていきながら、ICO投資に慣れていくようにしましょう。

-仮想通貨の知識

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.