仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

仮想通貨「IOTA(アイオタ)」の特徴と購入の方法!どこの取引所で扱っている?

投稿日:

IOTA(アイオタ)

日本の取引所で購入できる仮想通貨の数も数年前と比べると明らかに増えています。

名前を聞いても、どんな仮想通貨なのか分からないものが出てくるようになります。

そこで、まだ日本ではあまり知られていない、「IOTA(アイオタ)」というものをご紹介します。

仮想通貨「IOTA(アイオタ)」とは?

この「IOTA」は最近日本に上陸した仮想通貨です。

2016年1月にアルファ版のテストが始まり、同年6月にベータ版が公開されました。

このIOTAは送金手数料を無料で行うことができる仮想通貨で、他の仮想通貨なら格安ですが手数料は発生しました。

それがIOTAはその手数料がタダになるというわけです。それには「IoT(Internet of Things、モノのインターネット)」が大きく関わっています。

「IoT」とは、モノがインターネットに接続されて情報交換することで相互に制御する仕組みのことを言います。

要は、IOTAはこの「IoT(モノのインターネット)」の通信回路の役目になる仮想通貨として、2015年に開発が始まりました。

モノとモノをインターネットで繋げる時に、その際、インターネット料金や通信料がかかってしまうところを、IOTAを使うことでタダになると考えると、イメージしやすいと思います。

IOTA(アイオタ)の特徴とは?

このIOTAはIoT関連を使う際に、インターネット料金などの手数料、仲介手数料が必要なくなる点が最大の特徴だと言えます。

IoT関連だけでなく、IOTAを使うことで送金手数料が全くかからずに、取引ができるというわけです。

ですから、少額を何度も取引しても、手数料がかかることはありません。

何故それができるのかというと、IOTAはIoTに備えて、大量な少額の取引を処理できるように特化した技術を備えています。

それがIOTAのコア技術「Tangle(タングル)」にあります。

分散台帳技術:Tangle(タングル)とは?

IOTAが送金手数料を無料にすることができる理由は、この「タングル」にあります。

難しい言葉は置いておいて、要は、ビットコインが元になっている一般的なブロックチェーンが直線的につなげた、数珠繋ぎだとしたら、IOTAはまるで網目状に何列も繋がったブロックチェーンというイメージです。

タングルには、ブロックの概念がない、「次世代ブロックレス・ブロックチェーン」とも呼ばれています。またこのタングルにはもう1つ大きな特徴があります。

それは、取引をする承認者「マイナー」が必要ありません。誰が取引情報を承認するのかというと、一番新しい取引が、その前の取引情報を承認します。

つまり、取引を行う当事者が承認を行うことで、IOTAにはマイナーが必要なく、取引手数料無料のシステムが出来上がっています。

Tangile(タングル)を持つIOTAは何に活用できるのか?

上記で説明してたように、タングルの技術を持っているIOTAが何に活用されるのかというと、まずIOTAでは送金手数料が必要なくなるため、完全無料でIoTデバイスを活用することができます。

しかも、IoTデバイス間での決済に仮想通貨が使えるようになるので、IOTAのタングルが活用されるのではと言われています。

IOTAの技術が一般的に使われるようになることで、私たちの生活の中でIoTサービスの可能性もされに広がると予想されます。

IoTとは?

IoTとは「モノをインターネットに繋ぐ」ことですが、実際、何が便利になるのでしょうか?

最もイメージしやすいのが、パソコンやテレビ、タブレット、スマートフォンを繋げてどこからでも録画予約ができたり、録画したのを観ることができる、または写真、動画、音楽の共有などです。

既に、外出しながら、家にいるペットをスマホで確認したり、家に着く前にエアコンの電源を入れるなどですね。

もっと進むと、家全体の機能を、外出先から確認できるようにもなるかもしれません。

  • 離れた場所の状態を知りたい。→離れているモノの状態を知る。(ペットの様子や、介護している人の様子をみたり、家の戸締り)
  • 離れた場所の状態を変えたい。→離れたモノを操作する。(外から、エアコンをつけたり、録画予約をしたり)

モノをインターネットに接続する方法は、モノに無線タグをつけたり、IoT向けのアンテナをつけたりするようです。

IOTA(アイオタ)の価格と将来性について

取引が開始されてまだ認知度が低いのでは?と思われがちですが、IOTAの取引が日本で開始された時、時価総額6位にまで上がっています。

まだ認知度が低いとはいえ、衝撃的なデビューでした。

これからIoTが注目されていくことで、IOTAも同じように注目されるとは限りませんが、認知度が徐々に広まっていくのは時間の問題かもしれません。

ですが、銀行などの仲介者を利用しなくても、決済手段の幅が広がっていく可能性はあります。

手数料が必要ないのは大きいメリットです。

IOTA(アイオタ)の価格について

日本で上場が開始された際、1日でなんと500倍もの価値をつけました。

それだけ、知られているところでは注目されていたと言えます。

  • 仮想通貨発行量:2700兆
  • 単位:MIOTA
  • 2017年9月現在 1MIOTA=0.5ドル(約55円)

2017年10月現在の時価総額は約20億ドル、仮想通貨の時価総額ランキングでは9位です。

現在、時価総額約17億ドルのモナコインより上です。

チャートを見ると、8月頃に一気に価格があっています。

9月に入って徐々に価格を落としていますが、上がったままの水準を保っている状態です。

IOTA(アイオタ)を購入するメリット

IoTは今の時点では必要ない、あまり考えていない人も少なくはありません。

ですが、近い将来自然とIoT関連のデバイスを手にしているかもしれません。

そうなった時、既にIOTAを余裕している、していないとでは大きく違うかもしれません。

その時になって購入しようと思ったら、既に高くていくらも手に入らない可能性もあります。

現時点では、まだ1MIOTA はまだまだ安いので動向を見ながら判断することができます。

IOTA(アイオタ)の将来性や今後について

IOTAはブログで開発ロードマップを公開しています。

コアクライアントの開発や、IOTAについて学べる教材の提供といった内容が幅広く説明さているそうです。

また、ブローックチェーンを超えるような技術を使っているので、今後、IOTAが注目される可能性は高いでしょう。

まだ取引が開始してから日は浅いの値段の乱高下はありますが、これから楽しみな仮想通貨でもあります。

しかも、まだ日本では認知度が低いとは言え、IoTは知られつつあるので、もしかすると先行者利用も得られるかもしれません。

IOTA(アイオタ)を購入する方法とは?

残念ですが日本ではまだ取り扱っている取引所がなく、今IOTAを取り扱っている取引所は「bitinex」という所になります。

多くのアルトコインを扱っているコインチェックでさえ、また取り扱っていません。

ですがこれから認知度が上がれば、取り扱いを始める可能性もあります。

購入できる取引所は?

まだ日本では購入できる取引所がなく、「bitinex」という取引所になります。

英語表記なので、少し分かりづらいかもしれませんが、翻訳機能などを使って登録するしかありません。

英語で難しそうと思うかもしれませんが、

  • ユーザーネーム
  • メールアドレス
  • パスワード

を設定するだけで、登録完了なので、登録だけなら敷居はそこまで高くはありません。

登録の仕方

まずはbitinexでの登録の仕方を説明します。

  • ① bitinexにリンクし、【オープンアカウント】をクリックする。
  • ② ユーザーネーム・メールアドレス・パスワードを入力して【オープンアカウント】をクリックする。登録したメールアドレスに、登録確認メールが届くので確認する。
  • ③メールの本文に「VERIFY MY EMAIL ADDRESS」をクリックします。

Welcome to Bitfinexの表示がされるのでアカウント作成完了です。

ログインできるようになると、二重認証の設定ができます。

ビットコインをbitinexに送る

bitinex取引所では日本円での暗号通貨の購入はできないので、ビットコインをbitinex取引所へ送金しなくてはいけません。

ですから、日本の取引所でビットコインを購入し、その後、bitinexのホーム画面で操作します。

  • ①ホーム画面の「転送」をクリックする。「新しい預金」というページになるのでビットコインをクリックする。
  • ②ビットコインの入金ページが表示され、3種類のウォレットが表示されます。例えば、エクスチェンジウォレットを選ぶとします。選んだら、エクスチェンジウォレット下部の【Click to generate address】をクリックします。
  • ③入金アドレスが表示されるので、日本の取引所からビットコインを表示されたアドレスへ送金する。日本の取引所から送金が成功し30分~程でbitinexのビットコインウォレットへ入金が完了されます。

これでやっと、bitinexでIOTAが購入できるようになります。

後は、購入ページに行き、ビットコインからIOTAを購入することができます。

まとめ

ITOAはまだこれから開発が進み、さらに認知度も上がっていくと予想されます。

またIoTがさらに広まれば、Tangile(タングル)が注目される可能性もあります。

日本ではまた直接購入できませんが、IOTAの動向には目が離せませんね。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.