仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨の知識

仮想通貨のマイニングとは?仕組みと方法を詳しく解説します!

投稿日:

インターネットでよく目にするようになっった「仮想通貨」。

ですが、ニュースでは取引所から仮想通貨が盗まれたなど、あまり良くない事件もありました。

仮想通貨は目に見えないだけに危険しかも銀行や仲介組織が存在しないのに、

・どのように運営されているのか

・よく聞くマイニングとは何なのか

という方に、仕組みと方法をご解説します。

仮想通貨=暗号通貨と呼ばれる理由

世界で最も普及しているビットコインが、現在の暗号通貨全体の仕組みの大元になっています。

暗号通貨の原理を考えた中本哲史さんがアメリカのオープンソース(ネット掲示板のようなもの)に論文を発表したことが切っ掛けです。

ですが暗号通貨の仕組みが誰の権利にもなってない理由は、ビットコインを開発するためのソフトウフェアがネット上で公開されたからです。

オープンソースなので誰にでも見ることができ、誰にでも書き換えられるので、言ってしまえば誰にでも仮想通貨が作れるわけです。世界中で何百種類の仮想通貨が存在している理由です。

ブロックチェーンは防犯システムの代わり

中本さんの論文の中に出てくる、「ブロックチェーン」と「P2P」という仕組みこそが、暗号通貨が価値のある世界通貨になった画期的な技術でした。

と同時に偽造できない、防犯システムのようなものです。

銀行のような仲介を通さなくても、個人間で「通貨とされる数字」が取引できる技術が、「公開鍵暗号」といった暗号技術であり、暗号通貨の誕生でした。(仮想通貨=暗号通貨)

仮想通貨の取引には全て検証が必要

銀行のような仲介を通さなくても、個人間で取引できるわけは中本さんが開発した暗号技術です。

例えば、最も流通しているビットコインや、「第2のビットコイン」と言われているライトコインは取引には銀行を必要としない代わりに、【検証】が必要です。

行われた取引の整合性を確かめるために、暗号を解読しなければいけないのです。

そもそも【取引】とは、

Aさん→Bさんへ、例えば2BTC送金した

ということです。

その取引を検証する作業があります。

検証作業=マイニング

世界中で行われている上記のような、全ての取引を検証しなくてはいけないので膨大な暗号計算が必要になります。

そこで世界中のサーバーを借りて検証するのですが、その検証作業に手伝ってくれた方には、報酬として新規のビットコインが少額ですが払われます。その作業を【マイニング】と言います。

あるいは、新規ビットコイン採掘をマイニングとも呼びます。

例えば、日本で稼いだ給料を仮想通貨→海外にいる家族に送金する作業は、銀行を介さないので送金手数料が格安で済みむメリットがあります。

その際も取引に整合性があるのか承認作業が行われています。

承認作業は次の流れの取引の流れの中で行われています。

Aさんのウォレットから3BTC送金→承認作業(マイニング)→Bさんのウォレットに3BTC入金

仮想通貨の管理はネットワーク上の台帳に記録れている

検証され正常だと判断された取引は、ネットワーク上の巨大な台帳に繋げられます。

取引台帳があることで二重支払いや、偽造といった行為を防ぐ仕組みになっています。

しかもその台帳はビットコンのホームページを調べると誰でも観られるようになっています。

なぜ仮想通貨は信用できないと思われているのか?

仮想通貨は一時はある事件で信用がガクッと落ちた時がありました、それがマウンドゴックス事件です。

取引所からビットコインが大量に喪失したからです。

そこから、世間には仮想通貨は怪しいイメージが広がりました。

仮想通貨自体は危なくない

承認された取引は台帳にどんどん載ることになるのですが、それがブロックチェーンというシステムです。

例えば、その台帳を偽造しようと思うとします。

一番最新の取引を偽造しようとすると、その前の取引の偽造が必要であり、その偽造をしようと思うと、その前の取引を偽造しなくてはいけない、とつまり整合性を合わせているのがブロックチェーンなのです。

偽造するために、なんと永遠に偽造しなくてはいけないという、とんでもない手間がかかるわけです。

偽装するぐらいならまだ、仮想通貨に投資したほうが利益が出ます。

マイニング以外の防犯システム

ブロックチェーンはそういった防犯システムの役割も果たしています。

過去にあったマウンドゴックス社であった大規模なビットコインの喪失事件は、ハッカーによる盗難やCEOの横領と言われています。

ビットコインにセキュリティーの問題があったわけではなく、ビットコインを管理していたマウンドゴック社にセキュリティーの不備があったということです。

仮想通貨は信用できない、というイメージが広がった理由は、おそらくマウンドゴックス事件の報道する側、観る側の誤った解釈によるものです。

マイニング以外にもさらにブロックチェーンという防犯システムで成り立っています。

全世界にいるマイナーはハイレベルの競争をしている

マイニングとは上記でも説明したように、取引の検証に協力してくれた報酬として新たに生成された仮想通貨(最も流通しているビットコインとして)を受け取ります。

新規ビットコインが発行されるので、マイニングを新規仮想通貨の採掘作業とも呼ばれます。

その採掘作業をビジネスにしている人たちが世界中にいるので、ビットコインの安全性は保たれています。

ですが発掘作業をすれば誰にでも暗号が解けるわけではありません。このマイニング作業をしている人たちのことをマイナーと呼びます。

1つのブロックに、1つの答え

取引はいくつかの束になっていて、その束一つを1ブロックとしてまとめられています。

そのブロック単位で不正や間違いがないか整合性を確かめるために、全世界のマイナーがコンピューターを使って、争奪戦で暗号を解いています。

1のブロック(取引の束)→1つの暗号の答え(承認作業)→解けたマイナーに新規ビットコイン発行

1つのブロックに暗号の答えは1つ用意されているのですが、その暗号が解けたマイナーだけに新規ビットコインが発行される仕組みです。

マイナーたちは報酬をもらうことが目的なので、どのマイナーたちよりも早く暗号を解かなければなりません。

争奪戦に勝つには

どのマイナーよりも早く暗号を解くには、性能が高いコンピューターを24時間フル稼働させ暗号を解かせなければなりません。

暗号を解くコンピューターの性能はますます高くなっていき、一個人のパソコンが入る隙は現在ではかなり難しいとされています。

なのでマイニングをビジネスにしている会社に投資をし、その会社がマイニングして得た報酬から投資分のビットコインをもらうなどのやり方もありますが、そういった投資はマイニンをしている会社に本当に投資して良いのか慎重になる必要があります。

ビットコインの発行枚数とこれからの価値

世界で最も流通しているビットコインの最大発行枚数は2100万BTCと決められています。さらに、記帳が一定数に到達するごとに生成されるビットコインの量が半分ずつ減っていきます。

これが約4年おきに繰り返される半減期と呼ばれているものです。

4年毎に半減期が行われる度に報酬で生成されるビットコインの量が半分に減っていきます。

このように最大発行枚数と半減期が予めプログラムされている理由は、ビットコインの価値を高くするためでもあります。

例えば、埋蔵量が決まっている宝石の希少価値が高いのはそのためです。

いくらでも生成されてはビットコインの価値は下落してしまいます。そうならないために、最大発行枚数が決められています。

2017年6月現在も価格は上がり続けています。

ビットコインのプログラムが自身の価値をコントロールするように設計されているのです。

これからのビットコインの伸び

ただビットコインや他の仮想通貨の価値はまだ未知数です。

価値はある程度到達したところで安定するのか、あるいはビットコイン以外の仮想通貨がシェアを広げるのかは分かりません。

ただ今後、一個人でマイナーをして稼ぐのは厳しいです。

となると高機能な発掘マシーンや24時間稼働させる環境を準備するよりも、現金をビットコインなど仮想通貨に交換して、少額からでも投資に回そうという人たちが増える可能性はあります。

また日常生活で仮想通貨を利用する人口が増えればまたそれだけ仮想通貨の価値も上がっていきます。

仮想通貨とこれから長く付き合うために

ビットコインや他の仮想通貨をこれから購入し利用したり、投資に回すに当たって取引所の下調べは必ず必要です。

日本国内でもかなりお手軽に購入できるようにはなってきました、ですがそれだけ注意も必要です。

中には悪徳業者も存在します。また価格変動が激しい世界とも言えます。

1日に10%動くときもあります。購入する前は必ず過去のチャートも確認し、長い目で見守る覚悟を持つことが無難です。

 

-仮想通貨の知識

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.