仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨の知識

トークンとは?仮想通貨との違いや種類を徹底解説!

投稿日:

仮想通貨が知られてくると共に、よく耳にするようになったのが「トークン」という単語です。

仮想通貨と何が違うのか、どんな種類があるのか、この記事で紹介していきます

仮想通貨って何?おさらい!

仮想通貨は、法定通貨である円やドルと交換できる、バーチャルコインのことです。

電子マネーのように物体としてのお金の姿は無く、ネット上にある「ブロックチェーン」という台帳に所有権が書き込まれることで、「この仮想通貨は自分のもの」という証明を行ないます。

現状、一番流通量の多い仮想通貨はビットコインで、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュ、仮想通貨流通量二番手のイーサリアムとイーサリアムから分裂したイーサリアムクラシック、ライトコインあたりが有名どころです。

これら仮想通貨は、硬貨・お札といった物体が無いだけで、対応しているサービスであれば、法定通貨と同様に利用することができます。

現在は、ビックカメラなどでビットコイン支払ができるようです。今後も増えていくものと思われます。

トークンって何?仮想通貨との違いは?

トークンは、株券、または株主優待券のようなもので、ある特定の用途にのみ使用できるチケットと考えると分かりやすいでしょう。

仮想通貨のように、どこででも使えるというわけではなく、また、利用範囲もICOを行なう企業のサービス、プラットフォームに限られることが殆どです。

トークンを購入する場合は、プレセール期間と、上場後の一般取引開始後の2つタイミングがあります。

このうち、旨味があるのはプレセール期間に手に入れることです。

プレセール期間に低い価格でトークンを手に入れ、上場のタイミングで高値を付けた時に売却することで差益を得ることができます。

また、純粋に、ICO案件を応援する、サービスを利用したいなどの目的がある場合でも、プレセール期間中にトークンを手に入れることで、サービスを安く受けることができます。

トークンは通常、購入できる仮想通貨にイーサリアムを指定していることが多いです。

トークンを購入する場合は、まずイーサリアムを手に入れましょう。

今、注目のトークンは?人気&気になるトークン10種類を紹介!

日本でも情報が得られる10種類のトークンを紹介します。

この情報は、紹介したトークンへの投資を促すものではありません、投資は自己責任で行なってください。

1:COMSA 国内最大級のプレセールが終了、今後も期待大

ICOプラットフォームとしての運営が始まろうとしているCOMSA。2017年10月2日から11月6日まで、約1か月間のファーストトークンセールを行ないました。

COMSAのトークンである「CMS」は、今後、2017年11月末頃から、テックビューロ社が運営する取引所「Zaif」に上場が予定されています。

現在、CMSトークンを所有している方は、今後Zaifにて取引を行なうわけですが、ファーストセールで発行されたCMSトークンは109億円に上ると言われており、これまでに行われたICOの中でも、世界で第6位と、非常に注目されたトークンとなりました。

COMSAでICOを行なう案件が増えていけばいくほど、そのトークンであるCMSも価格が上昇していくものと考えられます。

すでにプレセール、ファーストセールは終了していますので、11月末のZaif上場後の売買タイミングを狙って行きましょう。

2:Zaif トークン発行の老舗、失速してきたものの、まだ人気は高い

さて、そのZaifのトークンですが、2017年7月下旬より取引が開始されており、初期こそ1Zaif=5円超えを付けましたが、その後じわりじわりと下がってきて、2017年11月26日現在で、1Zaif=0.5918円です。

ただ、今後、COMSAのトークンである「CMS」をZaifトークンで購入することができるようになることが発表されていますので、価格が上昇してくる可能性は高いです。

そういう意味で、まだまだ今後もチェックが欠かせないトークンの一つですね。

もし、現在の0.5918円を100万円分購入しておいて、史上最高値である5円付近まで上昇したとすると、500万円を超える計算になります。

取らぬ狸の皮算用ではありますが、こういった試算をしてみると楽しいですね。

3:WCX COMSA後、今一番の注目を集めるトークン!

WCXは、香港を拠点とする仮想通貨取引所「WCX」が発行するトークンです。

現在プレセール中、プレセールは2017年11月末まで、12月1日よりICOされる予定です。通貨のシンボルは「WCXT」です。

WCXが注目されている理由として、まず、メールアドレスを登録するだけで、50WCXTがもらえるということでしょう。

何のリスクもなく、これからICOされるトークンが手に入るというのは、破格のサービスと言えます。

更に、WCX取引所が公開されたのち、収益の一部をトークン保持者に分配することが、ホワイトペーパーに明記されています。

収益は主に手数料収入で、そのうちの20%がトークン保持者に分配されるようです。

また、WCXでは紹介制度があり、1人が紹介で登録するたびに、50WCXTを手に入れることができます。

メールアドレスを登録してもらうだけですから、リスクが無いですね。もちろん、登録した人が取引を行なった場合も、取引量に応じて、ボーナス的にWCXTが配布されるようです。

このような内容なので、COMSA以上に、世界で注目されているトークンになります。

12月1日からのICOでは、10WCXT=1USDとなる予定とのこと。ICO直後の価格は要注目ですね。

4:BANKERA 毎月配当がもらえるトークン、WCXに続くか?

BANKERA(バンクエラ)は、SpectroCoin(スペクトロコイン)という仮想通貨の取引所が発行するトークンです。

仮想通貨の他にも、電子マネー口座やデビットカードの発行、決済代行サービスなどがありますが、全て成功したサービスと言えます。

成功したサービスを複数運営しているにも関わらず、BANKERAを発行する理由としては、サービスの更なる充実と、法定通貨の取り扱いを視野に入れているようで、将来的には銀行形態にしていくつもりのようです。

更に、恒常的なものでは無いようですが、配当金を出す予定もあるようです。

そのためか、BANKERAはプレセール段階で30億円分を発行完了しており、2017年11月27日からのICOでは、200億円を調達するとしています。

実現すれば、COMSA級のトークンとなりそうです。

5:ALIS トークンを報酬としたソーシャルメディア・プラットフォームは成功するか?

無責任な内容の記事を公開していてサイト閉鎖騒ぎを起こしたDeNAのニュースは記憶に新しいですが、そういった「誰が書いたのかわからない記事」ではなく、責任を持って信頼できる記事を公開するためのプラットフォームを提供するのが、ALISの主旨です。

具体的には、ALISのプラットフォームを利用して記事を投稿した人に、その記事の信頼性、人気に合わせて、ALISトークンを付与するようです。また、記事を評価した人に対しても、同様に付与するとのこと。質の良いSNSで双方向のやり取りを行なうだけで、トークンが発生する、という仕組みのようです。

2017年11月現在、ファーストセールは終了しており、合計で約13,000ETHが投資されたとのことです。

ICO後の上場は、海外の仮想通貨取引所である「CoinExchange」にて上場しており、2017年11月現在の価格は、0.00004201BTCとなっています。

初値こそ0.00032000BTCを付けましたが、じりじりと下げて一服終わった感があります。ただし、何か大きなニュースがあれば相場は大きく動く可能性があります。

常に関連するニュースはチェックをしておきましょう。

6:MOLD ゲーム開発のためのプラットフォーム、ゲーム好きなら必見!

ICOってよく分からない、でもゲームはよくやってるよ、という方なら、MOLDへの投資が良いかもしれません。

MOLDはゲームの中で得たアイテムをMOLDCOINというトークンに交換し、取引所でトークンを売買できるようにするためのプラットフォームです。

つまり、ゲーム内でお金を稼ぐことができるようになります。

ゲーム内でMOLDCOINを使ってできることは、ゲームの購入、アイテムの購入、プラットフォームの運営(投票)です。

既にプレセールは開始されていますが、いつ終了するのかは未定のようです。上場先も発表があり、上海と香港の取引所にて上場するようです。

ドラクエシリーズやFFシリーズなどのRPGを経験してきた方なら、違和感なくプレイできるかもしれません。

ゲーム自体はまだ開発途中でオープンされてはいないのですが、開発中のゲーム画面が公開されています。ゲームがオープンされたら、面白くなりそうですね。

7:QASH 白熱のうちにプレセール終了!ICO後、上場初値はどうだった!?

QASHは、仮想通貨の取引所であるQUOINEX、QRYPTOSを運営しているQUOINE社が発行するトークンです。

既に取引所を2つ運営しているQUOINE社ですが、新たにLIQUIDプラットフォームを作り、仮想通貨取引にグローバルな流動性を持たせるという主旨のICOです。

プレセールは2017年11月6日から11月9日までの3日間で行なわれ、イーサリアム、ビットコイン、日本円やUSドルなどの法定通貨を利用して購入されました。

たった3日間のプレセールでしたが、世界中からオーダーがあり、最終的に200億円を超える金額のQASHが購入されたとのことです。

日本では同時期にCOMSAのプレセールがあったので、知らなかった方も多いかもしれません。

上場先はもちろんQUOINEXで、11月21日の上場後の価格はプレセール時は1QASH=35円ほどで取引されていたものが、その後80円を超えています。

同時にQRYPTOSにも上場しており、世界中から続々と資金が集まってきているようです。

2017年11月26日現在、最高値近辺を推移しており、買いが一服したと見ることができるでしょう。

これから更に上がるのか、じわじわと下げていくのか、要チェック銘柄です。

8:VLB ロシア発の自動車業界向け取引プラットフォーム!リアルとの融合の可能性とは?

CarFix社が発行するトークンがVLB、Vehicle Lifecycle Blockchainです。将来的に自動車のライフサイクルを全て記録するプラットフォームを構築すると謳われていますが、今回のトークン配布で集めた資金は、既に構築されているプラットフォームに当てられるとのことです。

2017年11月27日からICOが行われ、5日間ごと、第4ピリオドまで行われ、12月16日に終了する予定です。広く広告されていたので、ご存じの方も多いかもしれません。

ロシアで既にプロダクトが開始されており、ICO後にアメリカはカルフォルニア州にて展開を予定しているとのことです。

ホワイトペーパーも、日本からの資金流入を期待してか、非常に細かく情報が記載されています。

パートナー企業にはVOLKSWAGENの他、UBERなどのインターネットとリアルを融合した企業も名前を連ねており、入念に準備をしてきていることが伺えます。

今回のICOでは日本円で100億円を超える額の調達を予定しています。今後も注目度の高いトークンです。

9:ACO コスプレイヤープラットフォームは、ホリエモンがアドバイザーに!

コスプレイヤーと言えば、ゲームやアニメのキャラクターに扮する人のことを指しますが、このコスプレイヤーをバックアップしていくというものが、AMPLE!(アンプル)の主旨で、このAMPLE!が発行するトークンがACOになります。

AMPLE!サイトを訪問すると、様々なキャラクターのコスプレイヤーの写真が並べられていて、ちょっと見るつもりが延々見続けてしまうという、要注意サイトでもあります。

AMPLE!の強みはは、VLBと同様に、既に構築されているプラットフォームへの投資であるということです。

AMPLE!自体は2012年よりサービスを開始しており、70か国で利用されているプラットフォームです。

更に、アドバイザーとして実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が参加しているのも注目です。

アドバイザーは他にも、メイドカフェの老舗、「@ほ~むカフェ」創業者の小田吉男氏や、仮想通貨取引所Evercoinのファウンダーであるミコ・マツムラ氏など、経営のプロ集団をアドバイザーとして迎え入れているのが特徴です。

2017年12月中にトークン配布を行ない、上場は2018年初頭と見られています。

上場先は未定とのことですが、アドバイザーのミコ・マツムラ氏がファウンダーを務めるEvercoinが有力でしょう。今後の動きから目が離せませんね。

10:tebura 日本発!「手ぶら」で旅するためのプラットフォームを構築

日本発のICO案件は、「手ぶら観光」を実現させるためのプラットフォームを構築している株式会社セームページが発行するトークン、teburaです。ピンク色の忍者(くノ一)の恰好をしたプロモーション動画で見たことがある方もいるのではないでしょうか。

旅行先で重い荷物を預けたり、宿泊先のシェアリングであるAirbnb、必要な時だけ呼べるuberなど、「身軽に観光する」ためのサービスを繋ぐプラットフォームを構築しています。

ホワイトペーパーが動画で配布されていることもユニークです。観光という古くからある業界の切り札になるかもしれないということで、注目を集めています。

国内初のICO案件ですが、関わっている人・国は様々で、広く海外からも資金の流入を考えているように感じられます。

2017年12月1日からトークンの配布を実施、2018年3月より手ぶら観光協会にてブロックチェーンを組み込んだサービスを開始すると発表しています。

既にあるプラットフォーム旅行好きの方は、トークンを手に入れてみても良いかもしれません。

トークンは色んな種類があって面白い!

今回ご紹介したのは、ほんの一部でしかなく、世界に目を向ければ何百という種類のトークンが存在します。

どれもスタートアップ企業が発行していたり、既に構築されているプラットフォームへの追加投資であったり、目的は様々です。

その中で、いわゆる「テンバガー」、10倍以上に化けるトークンというのは、一握りです。それを見極めるためには、自分で調べる労力を厭わないことが大切です。

自分の資産を守るために、必要最低限、行いたいことは、ホワイトペーパーをしっかりと読み込むことです。

ホワイトペーパーの内容を吟味して、自分で納得したトークンだけを購入するようにしましょう。

-仮想通貨の知識

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.