仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨取引所

Kraken(クラーケン)の評判は?登録の方法や使い方まとめ!入金や出金にかかる手数料は?

投稿日:

Kraken(クラーケン)

これから仮想通貨を購入しようと検討しているが、取引所が多くなってきたので、どこで購入しようか迷っている方も少なくはありません。

ビットコインに特化しているところか、ビットコイン以外のアルトコインも扱っている取引所にするのかでも違ってきます。そこで今回はKrakenについてご紹介します。

Kraken(クラーケン)とは?

Kraken(クラーケン)とは2011年7月28日にジェシー・パウエル(CEO・共同創業者)によって、アメリカのサンフランシスコで設立したビットコインを始めとする仮想通貨/暗号通貨(アルトコイン)の取引所です。

また、Krakenは東洋地裁によって任命された管財人やドイツ連邦金融監督所管理下のフィドー銀行などより信頼されています。

ユーザー第一のビットコイン取引所

サンフランシスコで創業したKrakenは出来高と流動性で世界一のユーロ市場をはじめ、カナダドル、米ドル、イギリスポンド、日本円で、取引が可能なビットコイン取引所です。

メディアでも安全で最高のビットコイン取引所と評価されています。

Kraken(クラーケン)のセキュリティ

ユーザーのコインの格納

・いかなるオンラインシステムからも完全に分離されたウォレットに直接移動

・必要な量のコインのみがオンラインウォレットに格納

・全てのウォレットが暗号化

ユーザーアカウントのセキュリティー

・アカウントログイン、入金、出金、発注、各アクションに2段階認証が可能

・Eメール暗号化とEメール署名/検証にPGP,GPG暗号化を採用・ユーザーアカウント情報の改ざんを阻止するグローバル設定ロック機能

システムセキュリティ

・可能な限りデータは暗号化され、システムは冗長構造であり、互いに分離されています

・データはリアルタイムで再現、日単位でバックアップ

・それぞれの目的によって、それぞれの異なるネットワークと接続されています

Kraken(クラーケン)の取扱い仮想通貨

Krakenは対応している法定通貨も多く、取り扱っている仮想通貨も多くあります。

外貨でアルトコインを直接購入することも可能なので、日本国内だけでなく、世界中て利用されている取引所でもあります。

・ビットコイン(bitcoin):BTC

・イーサリアム(Ethereum):ETH

・リップル:XRP

・ライトコイン(Litecoin):LTC

・ダッシュ:DASH

・ネム(NEM):XEM

・イーサリアム クラック(Ethereum Classic):ETC

・モネロ(Monero):XMR

・オーガー(Augur):REP

・ゼットキャッシュ(zcash):ZEC

・ドージコイン(Dogecoin):DOGA

・テザー(Tether):USDT

・Iconomi:ICN

・Stellar Lumens:XLM

と、日本では有名なコインチェック並みに多く取り扱っています。

Kraken(クラーケン)の各手数料

入金、出金、取引手数料をご紹介します。

ここではKraken側での課金のみを載せています。ユーザーの取引銀行からその他の手数料がかかる場合があります。

入金の際の手数料

入金方法は銀行振込(三井住友銀行)で行います。

・ビットコイン入金(無料)

・ユーロSEPA 入金(無料)

・ユーロ電信送金入金(5ユーロ)

・米ドル PayCash 電信送金入金 (0.19%、最低手数料$15米ドル)

・米ドル SEPA入金 (0.19%、最低手数料$15米ドル)

・英ポンド PayCash 電信送金入金 (0.19%、最低手数料£10英ポンド)

・英ポンド PayCash SEPA入金 (0.19%、最低手数料£10英ポンド)

・日本円 国内入金 (無料 最低入金額 5,000円)

・カナダドル Interac 入金(1%、最低手数料10カナダドル、最高入金額 5,000 カナダドル)

・カナダドル EFT 入金(1%、最低手数料10カナダドル、最低入金額75カナダドル、最高入金額 10,000 カナダドル)

*上記にもありますが、日本円は入金無料となっています。銀行への振込手数料がかかる場合があります。

出金の際の手数料

一般通貨

・ユーロSEPA出金 –EEA諸国(€0.09)

・ユーロ電信送金出金 - SEPA諸国(€5 – ただしSEPAを使用すること)

・ユーロ電信送金出金 –米国、カナダ(€5)

・ユーロ電信送金出金 –その他(€40)

・米ドルSEPA出金 - EEA諸国のみ (0.19% ただし最低$15)

・米ドルSWIFT出金 - その他 (0.19% ただし最低$15)

・英ポンドSEPA出金 - EEA諸国のみ (0.19% ただし最低£10)

・英ポンドSWIFT出金 - その他 (0.19% ただし最低£10)

・日本円電信送金出金 –日本国内のみ(300円)

・カナダドル(EFT) - カナダ国内のみ ($10カナダドル)

仮想通貨(暗号通貨)

・ビットコイン  ฿0.00050

・イーサ     Ξ0.00500 + 0.0050%

・リップル    Ʀ0.02000

・ステラ     STR 0.00002

・ライトコイン  Ł0.02000

・ネームコイン  ℕ0.00500

・ドージコイン  Ð2.00

・ヴェン     無料

取引手数料について

・取引手数料:0〜0.16%(指値取引)

・取引手数料:0.1〜0.26%(成行取引)

・取引手数用が0.1〜0.26%

と取引をすればするほど手数料が安くなる料金体系を取っているようです。つまり、たくさん取引をしたい人にお得になる設定です。

・レバレッジ(信用取引):最大5倍

・レバレッジ(先物取引):なし

またレバレッジが5倍とハイレバレッジなので資金が少なくても、大きな取引ができるようになる可能性があります。

Kraken(クラーケン)の使い方

Krakenはアカウント登録だけが完了しても、「認証レベル」というものがあり初期段階では「認証レベル0」となっています。

ゼロのままですと、入出金ができる取引ができない状態です。

ですが、住所、電話番号や身分証の提出をすればレベル3まで上げることができます。

新規登録

  1. まずはKrakenのホームページにアクセスします。新規登録画面が出るのでメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し登録します。
  2. 登録したメールアドレスにメールが届くので、本文にあるリンクをクリックします。これで登録完了です。その後、ホームページに戻りログインをします。
  3. ログインをして「認証申請」をクリックすると、「認証レベル」が出てくるのでレベル1から申請できます。突然、レベル3を申請することはできません。
  • レベル0:入出金、取引はできない。
  • レベル1:入出金は仮想通貨に限られる。現金の入出金はできない。氏名、生年月日、電話番号の入力が必要。
  • レベル2:仮想通貨の入出金額が増額されます。レベル1の情報に加えて、住所の入力。
  • レベル3:仮想通貨と現金の入出金限度額が高くなります。FXも可能になります。写真付き身分証の提出
  • レベル4:レベル3よりも限度額が大きくなります。とても大きな額なので初心者の場合は慎重に行いましょう。

それぞれのレベルのページに入力画面があるので、最後に「承認申請」をクリックします。

レベル1が承認されると、レベル2が申請できるようになります。

入金の仕方

  1. 日本円を入金するには「入出金」→「日本円」を選択します。
  2. 日本円の入出金はレベル3以上です。日本にある銀行から、Krakenが提携している銀行の口座に振り込みます。

ちなみに最低入金額は5,000円です。

出金の仕方

  1. Krakenのアカウントから銀行口座に出金するには、銀行口座の情報を登録します。
  2. 「入出金」→「出金」のページから出金したい通貨を選択します。
  3. 出金方法を選び、「口座追加」をクリックします。入力し終わったら保存します。

注意すべき点は、カウント名と銀行口座名が必ず同じであることと、口座番号を間違えないようにしてください。

Kraken(クラーケン)のメリット・デメリット

どの取引所にもメリット、デメリットがあります。

自分にとって使いやすいのか、使いにくいのか検討する際のポイントにしましょう。

メリット

・取引シェアが世界で上位

・取引可能な通貨ペアが多い

・取引可能な仮想通貨の種類が多い

・スマホアプリがある

デメリット

・手数料が高い

・スワップ手数用が高い

Kraken(クラーケン)の口コミ&評価

実際に使っているユーザーの口コミを見ることで、さらに自分の中でイメージが湧きます。

使いやすい使いにくいは人それぞれ違うので参考にするといいでしょう。

Kraken(クラーケン)の良い口コミ

匿名男性

取引できる通貨ペアが多い

匿名男性

スマホアプリもあるのでどこでも取引ができて便利

匿名男性

レバレッジ取引ができる。

Kraken(クラーケン)のあまり良くない口コミ

匿名男性

日本円とペアになっているのはビットコインとイーサリアムだけなのが少ない。

匿名男性

レバレッジ取引ではトレード用チャートがないので、初心者には向いていない。

匿名男性

日本円入金は銀行振込だけなので、他の入金方法もあったらいいと思う。

まとめ

取引できる仮想通貨や外貨が多い分、上級者や慣れている方なら外貨とアルトコインといった組み合わせも可能なので取引も面白いものだと思います。

ですが初心者には少し分かりづらい部分もあり、ビットコインだけではなく、他のパターンも興味がある方には向いているかもしれません。

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.