仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨取引所

Lemuria(レムリア)の特徴と取り扱い通貨は?ビットコインでおすすめできるって本当?

投稿日:

2017年からいよいよ仮想通貨が本格的に有名になり、ビットコインを購入しようと考えている人が増えてきました。

ですがセキュリティーの心配もあり、どこの取引所にしようか決めかねている人もいると思います。

そこで今回は、堅牢なセキュリティーを売りにしているLemuriaにスポットを当てます。

Lemuria(レムリア)とは?

このレムリアとはバイクリメンツ株式会社が運営しているビットコインの取引所です。

ホームページに行くと、トップページに口座開設はこちらとあり、メールアドレスとパスワードですぐに新規登録ができます。

ですが、高いセキュリティーを持っていることで知られています。

また、また100円の少額から取引が可能で、ビットコインを使ったサービスを今後検討しているとのことで、ビットコインの活用の場がさらに広がるといいですね。

Lemuria(レムリア)の基本的情報

  • 会社名:バイクリメンツ株式会社 (Bicrements, Inc.) 
  • 設立:2015年12月11日
  • 所在地:東京都港区西麻布3-1-25 金谷ホテルマンション 601
  • 代表取締役:柴田倫宏
  • 従業員数:11名

創業メンバーで代表取締役の柴田倫宏氏はSI系ソフトハウスからグリーを経たのち、電通のブループ企業でスマホアプリの開発を手がけて人物です。

しかも個人でビットコインの取引所を試験的に運営するなどやり手の開発者です。

個人でやってみる行動力と技術は目を見張るものがあります。

同じく創業メンバーで取締役の山村賢太郎氏は、サミーネットワークからアドウェイズを経て、現在はブロックチェーンなどの情報を配信する「THE COINTELEGRAPH」日本版の編集長を務めています。

従業員は少数の規模ですが、少数なりの精鋭がレムリアを作ったとも言えます。これからどう大きくなって行くか注目です。

ビットコイントレードとは

トレードとは直訳すると「交換」などを意味します。

仮想通貨は販売所や取引所で購入したり、入手することができます。

レムリアはビットコインの「取引所」です。

レムリアから購入するわけではなく、ビットコインを売りたいというユーザーから、「ではいくらで買います」と金額を「指値注文」するか、自動的に決める「成行注文」で購入する仲介所です。

販売所より取引所の方が手数料が安かったり、仮想通貨の価格が安かったりする場合があります。そういった設定はそれぞれ違ってきます。

取り扱い通貨

現在、取り扱っている仮想通貨はビットコインのみとなっています。

ビットコインに特化した取引所と言えます。

Lemuria(レムリア)の特徴

ビットコインに特化しているレムリアは、世界のビットコイン業界で標準となっているセキュリティー技術「BitGo」を日本国内の取引所として最初に導入しました。

また、価格チャートの表示は、専門のFXトレーダーが多く利用しているTradingViewなので、株の本格的なトレーダーと同じようにチャートが確認できます。

100円から取引が可能なので、初心者でもハードルが低く、お小遣い感覚で投資することもできます。

仮想通貨売買の取引ルール

  • 土日を含め24時間365日取引可能
  • 100円から取引が可能
  • 入出金反映時間:平日9時〜15時
  • 本人確認書類が必要(運転免許証・パスポート)
  • 住所確認書類が必要(住民票・公共料金の支払い用紙)

取引手数料について

  • Maker手数料:0%
  • Taker手数料:0.13%

Makerとは、板情報(気配値)にない値段で買い注文を出した際のの手数料。

Takerとは、板情報に並んだ既存の値段で注文して約定した際の手数料。

入出金手数料

  • 日本円入金手数料 0円
  • 日本円出金手数料 400円(固定)

ビットコイン出金手数料:0.0005BTC(固定)
*ビットコインネットワークへのトランザクション手数料

セキュリティーについて

世界の大手取引所でも使われているセキュリティーサービス「BitGo」を、国内の取引所では初めて採用したことでも知られいます。

仮想通貨はネット上にあるので、常にハッカーに狙われる危険性があります。

高いセキュリティーシステムを採用しているので、安全性はかなり保証されます。

BitGoとは

「世界大手取引所でも使われているセキュリティシステム「BitGo」は、高レベルのセキュリティーを提供する多重署名ウォレットです。

マルゥエアやサーバーへの攻撃からコインを守るために、各取引には2つの署名が必要となります」だそうです。

つまり、ほとんどの取引所が採用しているセキュリティーシステムより一段階強固ということです。

2段階認証について

モバイル端末によるSMS、もしくは2段階承認用モバイルアプリなどを強く推奨しています。

ログインする際に、例えばスマホにあらかじめダウンロードしておいた「Google Authenticator」に表示されたナンバーを、ログイン画面に入力します。

暗号化とSSL

ユーザーが利用になる全ての通信はSLL通信を用いて行われます。

また、ユーザーアカウントのログインアカウントや、個人享保は全て暗号化れた状態で保管されます。

Lemuria(レムリア)の使い方

レムリアに登録する方法はメールアドレスか、Facebook登録があります。

ホームページに行くと、トップページに「口座開設はこちら」があるので、そこからメールアドレス、パスワードを設定します。

これだけで、新規登録は完了です。

メールが届くので、本文にあるURLをクリックしてアカウントの有効かを完了させましょう。

新規登録と口座開設

日本円の入出金を行う場合、つまり取引を開始するには「本確認情報」と「口座情報」の登録が必要です。

  1. ホームページにログインをして、「設定ページ」をクリック。
  2. 氏名、住所などの基本情報を入力。最後に「保存」。
  3. 免許証かパスポートを本人が持っている顔写真をアップロード。

保存が完了すると提出完了のメールが届きます。

審査完了後にもメールが届くので、その間に「設定ページ」から口座情報の登録をしましょう。

入金の仕方

口座の入力を完了すれば、日本円を入金することができます。

本人確認の審査を行なっている間にやっておくといいでしょう。

入金する際は、入金申請ボタンを押した後に表示される「お客様ユーザーIDと名前」を振込人名義に必ず記入します。

  • 入金反映時間:平日9時〜15時

翌日になった場合は、9時から順次反映します。

ビットコインの購入の仕方

入金の反映が完了すれば取引が開始できます。

ログインしマイページの一番上に、「ビットコイン取引」があるので、そこから100円から取引できます。

注文する価格を「指値」するか、「成行」にするか選びます。

初めて取引する場合は、「成行」にすると自動的に価格が決まり、すぐに購入することができるので便利です。

まとめ

レムリアは100円という少額からスタートできるので、お小遣い感覚で定期のように取引できるのが便利です。

また取引が初めての人でも気軽に始められるメリットがあります。

ビットコインはまだこれからも価格を上げる可能性があると専門家たちは示唆しています。

大きな額を投資することはできなくても、コツコツお小遣いを貯める感覚で初めてみてもいいかもしれません。

またビットコインは持っているだけで、リアル店舗やネットショッピングなどでの使い道が増えてきましたので、少額からでもメリットはたくさんあります。

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.