仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

LISK(リスク)の特徴と将来性は?購入できる取引所と買い方の流れも解説!

投稿日:

仮想通貨はビットコインの半減期や、2017年8月のビットコインキャッシュの誕生からますます注目を浴びるようになりました。

ビットコインでだけでなく有名どこのアルトコインも、その価格を上げています。

そこで今回はLISKという仮想通貨についてご紹介します。

LISKとは?

仮想通貨はビットコインを元に数をどんどん増やしていきました。

今ではもう数えきれないほど存在します。

アルトコインは価格帯も比較的手が出しやすく投資目的で購入する人も多くいます。

ここ最近、価格が上がっているLISKはMicrosoftとの提携も話題になりました。

LISKの特徴とは

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼ばれていますが、LISKはイーサリアムと同じような種類に属します。

つまり、スマートコントラクト属性の仮想通貨です。

スマートコントラクトという部分では、イーサリアムの方がシェアは圧倒的です。

アルトコインの中でもイーサリアムは有名人です。

つまり、LISKもイーサリアムも、コインの情報だけでなく、様々な情報をブロックチェーン上に乗せることができます。

ですが、LISKにはイーサリアムにはない特徴を持って言います。

それが、サイドチェーンと呼ばれているものです。

スマートコントラクトとは

仮想通貨の取引情報はネット上の台帳に記憶されていきます。

単純にそれが「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンは個人間での仮想通貨の取引の内容ですが、スマートコントラクトは、文字通り、コントラクト(契約)をスマートに行える、「プロトコル」のことです。

  • 契約の自動化
  • 取引のプロセスを自動化
  • ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用
  • ブロックチェーン上で実行することによって、改ざんされない
  • 中央集権や人を介す必要がない

などの利便的なメリットがあります。

手順としては、

  1. 契約の定義(管理者が入力)
  2. イベント発生
  3. 契約執行
  4. 決済

LISKとイーサリアムの違い

LISKも基本的な仕組みはビットコインとイーサリアムと同じで、ブロックチェーンを使い、世界中のパソコンからマイナーがマイニングを行なっています。

ビットコインよりイーサリアムに近い設計をしていますが、サイドチェーンにより様々な情報が書き込めるようにもなっています。

サイドチェーンごとに、世界中の技術者がLISKをどんどんアップデートしていきます。

●技術者の参入のしやすさ

イーサリアム<LISK

●処理能力の向上(スピード)

イーサリアム<LISK

LISKの方が処理能力が向上な理由は、情報の記載をしている場所です。

  • サイーサリアム→ブロックチェーン
  • LISIK→サイドチェーン

複数のサイドチェーンを同時に処理することができ、ブロックチェーンに負担を与えすぎないメリットがあります。

LISKのサイドチェーンとは

サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは別に、分散型アプリケーション(DApps)ことに、サイドチェーン化しています。

つまりサイドチェーンとは、あるブロックチェーンの拡張機能を行う際に、メインのブロックチェーンとは独立したブロックチェーンを用いるこということです。

  • DAppsごとにサイドチェーンを構築した方が、負担が小さい。
  • イーサリアムよりコードを自由に変更ができ、柔軟性が高い。
  • 開発者が記録承認者を設定できるので、サイドチェーンを中央集権的にコントロールできてしまう。

LISKのマイニングと報酬について

仮想通貨はマイナーがマイニングを行い、取引を成立させています。

マイニングを手伝ってくれた報酬として新規の仮想通貨を発行しています。

このマイニングの報酬が他の仮想通貨とは異なります。

ブロックチェーンよりも大きな単位「ラウンド」を設けています。

1ラウンド、101ブロックで構成されています。

●1ラウンド→17分毎に報酬発生

となると、1ラウンドに入っている101ブロックそれぞれのマイニング成功者に報酬を支払っています。

●1ブロックのマイニング→5LISKの報酬

5年後以降は、1ブロック→1LISKの報酬に固定されます。

LISKの価格と将来性につて

2016年5月24日にLISKのネットワークが稼働し、取引所で取引が開始された直後は、ビットコインに次ぐ世界2位の取引高となった人気のコインです。

LISKの価格について

注目され始めたとはいえ、まだ気軽に手を出せる範囲ですが、2017年3月までじりじりと価格を下げていました。

それが、6月あたりから急激に価格が上昇し、8月中旬には1ドルあたりが10ドル近い価格まで上昇しました。

高騰理由はアップデートによるものが要因と言われています。

LISKを購入するメリット

LISKはイーサリアムと違って、サイドチェーンごとに様々な開発者が参入でき、様々な情報が書き込むことができるので、どんどんアップデートされます。

ですから、開発は進みLISKを使ってスマートコントラクトもますます使いやすくなり、世界中に広がる可能性もあります。

ユーザーが増えるということは、LISKの価格もますます上がる可能性はあります。

LISKのこれからの可能性について

これからスマートコントラクトやサイドチェーンが注目され、同時にLISKも注目される可能性もあります。

イーサリアムとLISKの時価総額の差はまだまだ広いですが、LISKは開発者が参入しやすく、急激に普及しやすいメリットがあります。

ユーザーが増えることで価格も上がるので、投資を目的に購入するユーザーも多くなる可能性があります。そういった点では、LISK は今もっとも期待されているともいえます。

動向は取引所のチャートなどで確認することができるので、購入を検討している人は確認をしてみるのもいいでしょう。

LISKを購入する方法

LISKを日本で直接購入するためには、取引所か販売所を利用するしかありません。

日本ではビットコインを購入できる取引所や販売所は多くなりましたが、アルトコインを購入する取引所はまだそこまで多くはありません。

有名どこのアルトコインなら日本にもいくつかの取引所はありますが、まだあまり知られていないアルトコインとなると限られてきます。

購入できる取引所

現状では、日本でLISKを購入できる取引所はチェックコインです。

チェックコインは日本の中でも最大手で、ここまで複数のアルトコインを扱っている取引所は他にはなかなかありません。

しかもスマホからでも、簡単に仮想通貨の売買ができる点が大変魅力的です。

購入の仕方

コインチェックに登録をし、入金をしてから仮想通貨を購入することができます。

登録する際も、ほとんど時間がかからずにできる点も人気の理由です。

  • 「コインを買う」をクリックすると、ビットコインを含めたいくつかの仮想通貨が表示されていますので、LISKをクリックすると緑色に表示されます。
  • 下にいくと、仮想通貨の数量を入力する欄があるので、入力します。例えば1LISKと入力すると、その下に、1LISKに対しての購入時のレートが表示されます。合計欄に、手数料を含めた料金が表示されます。(また手数料に関しては、仮想通貨の消費税は2017年7月より無料になったのでご確認ください)
  • 念のため入力した金額を確認してから、最後に「購入する」ボタンをクリックして完了です。ちなみにチェックコインでは、仮想通貨をクレジットカードで購入することもできます。

日本円を出金する

仮想通貨を売った後に日本円を、今度は自分の口座に移動させたい場合です。

  • ホーム画面の左サイドバーの「日本円を出金する」をクリックします。
  • この作業にも防犯として「電話番号認証」があり作業が完了すると、「振込先の口座を選択してください」と表示されるので、もし登録がなかった場合は「新しい口座を登録する」をクリックします。
  • 振込先の口座を選択する画面になります。日本国内か海外送金かを選んでから下の銀行名から、口座名義まで入力します。最後に、「登録する」をクリックします。
  • 登録すると、日本円の出金手続に入ります。入力した口座名などが表示されるので、よければ「この口座に振り込む」をクリックします。
  • 次に、いくら振り込むか入力する画面に移ります。「出金額」を入力したら「出金申請をする」をクリックして完了です。約1〜2営業日前後で口座に振り込まれます。

まとめ

現在、LISKはMicrosoftと提携してシステムを開発し続けています。

アップデートがしやすい利点もあるので、これから伸びていく仮想通貨として注目も集まっています。

将来の投資の一つとして考えてみるだけでも、見逃せない仮想通貨と言えます。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.