仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

ライトコイン(Litecoin)の特徴とは?購入方法から今後について予測します!

投稿日:

ライトコイン(Litecoin)の特徴とは?購入方法から今後について予測します!

仮想通貨元年と言われてい昨今ですが、日本でも仮想通貨が徐々に知られるようになりました。数百種類あると言われている仮想通貨の中でも、よく耳にするのはビットコインです。

次いで有名な仮想通貨「第2のビットコイン」として登場したのが「ライトコイン」です。

・有名だけどライトコインについてはまだよく知らない

・ライトコインとはどんな仮想通貨なのか

・ビットコインと何が違うのか分からない

ライトコインは有名とはいえ疑問があるのは当たり前です。

色々な疑問と一緒に購入方法がから今後の予想について説明します。

そもそも仮想通貨とは?目に見えないお金

ライトコインはネット上で使える「決済用」の仮想通貨です。買い物の際お金の代わりに利用することができます。

しかし実際には現金のように形あるわけではありません。インターネット上のウォレットでしかお金の動きは確認できません。

そもそも仮想通貨とは何でしょうか。はっきりと理解している方は多くはありません。

ですが、ネット上には実在する通貨です。

つまり仮想通貨とは、暗号変換されたネットワーク上のお金です。

紙幣や硬貨はありませんが、ネット上には何百種類もの仮想通貨が存在します、中でも代表的なものは「ビットコイン」の次に「ライトコイン」と言われています。

電子マネーは円やドルなどの現金をICカードや、スマートフォンのお財布にチャージし、そこから現金を支払っています。

あくまでも国のお金です。仮想通貨もパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして買い物ができますし、銀行を仲介せずに個人間で送金もでます。

円やドルと同じように、仮想通貨もお金であり、為替変動もします。

ですが、中央銀行のように管理者が存在しないことが、国が発行している通貨と大きく違うところです。

対応している海外の店舗や通販サイトなら、世界のどにいても使えるネット上の通貨なのです。

仮想通貨になぜ価値があると言えるのか?

実際は手に取れないにも関わらず、何故、通貨だと言えるのか。

仮想通貨を使って何か買い物をする場合、先ずは円やドルを仮想通貨に両替をしてから、パソコンやスマートフォンから決済ができます。

日本円を外国通貨に両替するように、取引販売所では両替手数料が掛ります。何故なら、実在する通貨だからです。

仮想通貨が作られた目的は、上記でも言ったように、世界中で日常的に使えて、尚且つ、国家から独立した通貨を作るためです。

ちなみに、ライトコインの開発者はチャリー・リーと呼ばれている方です。

国家の通貨は財政破たんになってしまえば、国家の信用が落ちて、国の通貨の価値も失われてしまいます。

一万円札が極端に言うと、一円の価値しかなくなるようなものです。

そのような危機に陥らないためにも、国家の枠を超えた世界共通の暗号通貨、いわゆる仮想通貨が作られたというわけです。

例えば、日本が赤字で倒産して円の価値が著しく下がったとしても、仮想通貨(もっとも普及しているビットコインだとして)をいくらか持っていた場合、日本円にではなくドルやその他の通貨に両替すれば、外貨で生きていくこともできます。

どこの国にも属さない、そんな世界通貨が誰の管理者もなしに機能している、機能できている理由には、仮想通貨の成り立ちと仕組みがあるわけです。

過去にファウンド・ゴックスなどの取引販売所からビットコインが大量に消えた事件があり、

・一気に仮想通貨は危ない

・実態がないから怪しい

といった認識が広がりましたが、一カ所に大量のビットコインを預けていただけに、大損した人がいたというだけです。

仮想通貨の仕組みを知れば、ビットコイン自体に危険はないと分かります。

ライトコインを実際に使う人口が増えれば、ライトコインもビットコインのように価値が上がっていきます。

ライトコイン(Litecoin)とビットコイン(Bitcoin)の比較

では上記の内容を踏まえた上で、ライトコインとはつまりどういう仮想通貨なのか。仕組みはビットコインとほとんど変わりません。

ただ違う点もあります。

これから新規発行される埋蔵量ライトコイン>ビットコイン

発掘難易度(取引の検証の難易度)ライトコイン<ビットコイン(高い)

決済スピードライトコイン>ビットコイン

ライトコイン(Litecoin)の特徴とは?

上記の点が挙げられます。特に決算スピードの違いです。

もしビットコインで買い物をした場合。レジで「ピッ」とスマホからビットコインで支払ったとします。

店員さんが決算完了を確認するまでに10分ほどかかると言われています。

ですが、ライトコインは約2.5分ほどで完了可能だと言われています。

レジの前で10分は少し長いです。ビットコインの待ち時間と比べると、2分はかなりスマートです。

なぜ、それほどスピードが早いのかというと、取引の検証をする暗号計算の難易度がビットコインより比較的労力がかからず、優しい難易度にしているからです。

これが新規ライトコイン発掘の発掘難易度になっています。

そしてライトコインの総発行量は8400万枚と定められいます。ビットコンは2100万枚なので約4倍の発行量です。

つまりどういうことかというと、ビットコインに比べて4倍速で新規コインを発行でき、その新規発行量もビットコインの4倍なのです。

ビットコインと同等のインフレ率を持った仮想通貨といえます。

ライトコインの購入方法

仮想通貨を扱う取引所で、日本円でライトコインを購入します。

大体はその取引所で電子ウォレットを作り、そこでライトコインの残高確認だったり別の口座へ送金を行います。

ライトコインを日本で購入できる取引所がなかったのですが、最近になってようやく日本にもライトコインを扱う取引所ができました。

ライトコイン(Litecoin)を購入できる取引所

コインチェック(Coincheck)「coincheck」2017年4月にライトコインの取引をスタート。

他にも色々な仮想通貨を扱っています。

ユーザー登録から最短10分で仮想通貨が購入可能。

24時間いつでも購入できます。

2段階認証で強いセキュリティー。

→ コインチェックの公式サイトをチェック

ビットバンク(bitbank)「bitbank」2017年5月からライトコインの取引スタート。

メールアドレスだけで簡単登録。1分で口座が開設。

日本円の入金は住信SBI ネット銀行同士なら24時間365日リアルタイムで反映。
取引はいつでも可能。

→ ビットバンクの公式サイトをチェック

またこれから仮想通貨が取引できるようになる取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」というところです。

仮想通貨の交換・取引サービスの提供を目的とした株式会社です。

サービス開始時期は未定となっています。

そのため上記の取引所が日本ではライトコインが購入できる場所になります。

ビットコインほどまだ購入できる場所が少ないですが、 コインチェック(coincheck)のように何種類かの仮想通貨を扱う取引所が今後、徐々に増える可能性もあります。

ライトコイン(Litecoin)の将来の可能性

ライトコインに関するニュースが2017年4月7日にありました。

・「ライトコインは4月に入ってから最大約73%の上昇を見せている」

・「ライトコインは現在時価総額トップ100の仮想通貨の中で、最も割安な仮想通貨となっている」

ライトコイン価格急騰の理由に、

「ライトコインが前述のビットコインの技術的解決策の最有力候補の一つ(セグウィット)と呼ばれる技術的施策を、ビットコインよりも先に採用しようとしている」

とニュースでは言われています。

セグウィットでライトコインが今後どう動くのか注目が集まっています。

もともと、ライトコインはビットコンの欠点を解消しようと2011年に公開された仮想通貨です。

取引スピードを改善した通過で、待ち時間がちょっとという方はライトコインの保有も考えています。

ちなみに、2017年4月頭からライトコインの価格は急上昇しています。

間もなくセグウィットが行われるとのことで、価格が1カ月足らずで4倍に跳ね上がりました。

その後の買い戻しがあるとしても、そこそこ高くなった価格で続くと思われます。

それはビットコインでも似たようなことがあり、間もなく半減期が行われると言われた少し前から価格がどんどん高くなり、買い戻しがあったものの元の低い価格に戻ることありませんでした。

まとめ

ライトコインだけでなく仮想通貨は少額から購入することができます。

買い物として使うため、資産運用のため、購入の際は目的を持って、計画的に購入することが無難です。

投資目的であれば長い目で見る覚悟も必要です。無理をしない程度にライトコインまたは仮想通貨を利用しましょう。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.