仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

モナコインとは?その特徴や取引所での買い方!今後はどうなるかも予測します!

投稿日:

モナコイン(MonaCoin)

モナコインは日本生まれのアルトコインとして、価格も知名度も一定の地位を確立しています。

モナコインのプログラムはライトコインとほぼ同じでしたが、バーションアップを繰り返し独自の姿に変化してきました。

そこでモナコインの特徴と、これからの予測をご説明します。

モナコイン(MonaCoin)とは?

モナコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨で何百種類もあると言われているアルトコインの一つです。

巨大掲示板2ちゃんねるのソフトウェア版で、「わたなべ氏」によって開発された日本初の暗号通貨です。2014年1月1日に正式リリースされました。

モナコインのシステムはライトコインとほぼ同じと言われ、つまり、ビットコインのシステムとそっくりな作りをしている暗号通貨ということになります。

ライトコインと似ている点

  • モナコインには通貨の発行元が存在しない。
  • オープンソースなので不正な行為ができない仕組み。
  • P2P通信なので管理者がいないため、送金手数料が格安。
  • 世界中のどの人にもスピーディーにコインが送金できる。
  • 取引はマイナーによって承認され、新規モナコインが発行される。

ビットコインの暗号通貨(アルトコイン)はビットコインの仕組みが元になっているので、上記であげた点はライトコインとの相違点ですが、ビットコインともほぼ同じです。

モナコイン(MonaCoin)の仕様

ブロック作成間隔:およそ90秒

ブロックとは【取引】が承認され台帳のブロックチェーンに新たに繋げられる、要は「マイニング」のことです。

そのマイニングがどれだけ早いかということになります。

ちなみに、ビットコインではおよそ10分、ライトコインでは2.5分です。

なのでモナコインはとても高い頻度でブロックがつくらています。

発行総枚数:1億512万枚

ビットコインは2100万枚、ライトコインは8400万枚です。

モナコインは二つの仮想通貨よりブロック生成速度が高いため、新規発行量も多くなっています。

マイニング(採掘)の方法

ビットコインやライトコインと同じく、マイニングはProof of Works(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。

よってマイニングで稼ぐにはコンピューターの能力が高ければ暗号を早く解読しやすいということになります。

マイニングの報酬は3年ごとに半減する

ちなみにビットコイン、ライトコインは約4年に1回、次の半減期は2020年だろうと予測されています。

半減期とは、仮想通貨は総量発行枚数が決まっているので、全て採掘された後にマイナーに報酬が支払われないとなると、誰もマイニングをしてくれなくなってしまいます。

それでは仮想通貨の【取引】の正当性を担保する機能がなくなり、仮想通貨の信頼性が損なわれます。

そうなってしまわないように、仮想通貨は残り発行数のうち半分が流通されたタイミングで、新規発行数を半分にする、という設計がされています。

それが半減期です。

報酬が半分になることで何が起きるのでしょうか? 

マイナーにとって報酬が半分にされたら、少し残念なような気がしますが、残念なことばかりでもありません。

仮想通貨の供給量が減れば、稀少性が生まれ1コインの価値も上がります。

半減期になると何に影響があるのか?

半減期では仮想通貨の新規発行量が減ることになるので、インフレ率が低下します。

単純に需要・供給と価格の関係で考えれば、その仮想通貨の需要の伸びが保たれる前提ならば半減期以降は価格が上昇すると予想できます。

実際、ビットコインの半減期前になった時、価格が急上昇し半減期を迎えた後も、少しの買い戻しがあったものの、価格は高い水準を保ちました。

ですが、そういた場合だけでもなく、ライトコインは違いました。

半減期の時期については明らかで大体の日付が予測できます。

市場はこれを見越して半減期を織り込んで早めに価格が上昇する場合もあるのですが、ライトコインは半減期を待たずに下落しています。

ビットコインのように半減期まで上昇を続けるだろと、予想して多めに購入した人にとっては少し残念な結果だったかもしれません。

ですが、その先ライトコインが伸びないとも限らないので、株のように直ぐには売らずに、少し気長に見守る覚悟も必要です。

モナコインの半減期について

仮想通貨は、国が作った法定通貨のように中央銀行がコントロールする機関はありません。

そのためにも半減期という設計が必要になってきます。

  • モナコイン運用開始:2014年1月 スタート時:1億512万枚 マイニング報酬:50
  • 初回の半減期:2017年7月頃 残発行数:5256万(流通数:5256万) マイニング報酬:25
  • 2回目の半減期:2021年1月頃? 残発行数:2628万(流通数:7884万) マイニング報酬:12.5

上記でも言ったように半減期がくると、仮想通貨の価格が上昇する傾向があります。

それには理由があります。仮想通貨自体がデフレ化するよう設計されているので、発行数量が減ることで1コインの価値が上がると考えられています。

ですが、これは「需要があれば」の話になります。

欲しい人口が増えればそれだけ希少性は生まれますが、便利性もないし持っている価値がない、誰も欲しいと思わなければ、お金としても通用しません。

モナコインはまだマイナーコインではありますが、ネット上での決済に使える場所も増え、2017年が仮想通貨元年と言われるほど、投資目的で購入しようと考えている人は増えてきています。

モナコイン(MonaCoin)の時価総額と位置付けは?

日本生まれの仮想通貨として知名度を地道に上げてきたモナコイン。

仮想通貨全体から見てどの位置にあるのかを確認すると、84位です。(coinmarketcap.comによる2017年7月23日時点)

まだそんなにしたかと思われた方もいるかもしれませんが、仮想通貨は何百種類と存在するので、100位以内にいるというのは頑張っている方です。

ちなみに1位ビットコイン、2位イーサリアム、3位リップル、4位ライトコインの順でした。

ビットコインはもちろん1位ですが、この3種類はアルトコインの時価総額の3強です。

Zaif取引所での価格

モナコインはザイフで売買されています。

現時点でのザイフ取引所での価格をご紹介すると、66.9円買い、54.2円売りとなっています。

4月まではまだ20円にも達していませんでしたが、7月入る頃には100円に届くぐらいの高騰でした。

6月から値段が高騰し始めたのは半減期まで1ヶ月を切ったことや、ビットコイン周りでSegwitでホットな話題が上がったことも影響しています。

(Segwitとはこのまま取引の量が増えてしまうと、容量が小さ過ぎてしまい取引の遅延や停止が予想されるために、取引サイズの圧縮などによる技術面での改良のことです)

Zaif取引所での買い方

  1. ザイフの簡単売買をクリックすると、ビットコインとモナコインの簡単売買ができる画面に変わります。(念のため、モナコインの文字バックが白くなっているか確認します)
  2. 入金した日本円を元にビットコインの数量を入力します。(買う時は赤い方です)または日本から入力してもOKです。入力したら、その下の「モナコインを買う」をクリックします。
  3. 注文確認画面へ移ります。

確認にて問題なければ「OK」をクリック。

購入完了です。

逆に売りたい時は、青い方で入力をして、「モナコインを売る」をクリックします。

モナコイン(MonaCoin)を利用するには?

モナコインは日本の2ちゃんねるの周辺サービスなどで実際に利用することができる通貨です。

  • Amazonギフト券やiTunesカードが購入できたりします。
  • PCゲームの購入や同人誌のネット販売に使えるなどサブカルらしい一面もあり。

2017年6月、秋葉原のパソコンショップアークがビットコインと同時に、実店舗とウェブ通販にて決済に対応できるようにスタートしました。

他に面白いのが、「投げ銭」と言って、例えばニコニコ動画で面白い動画を作っている人に、モナコインを渡すことができます。

モナコインが利用できる場所は徐々に増えつつあります。

今後のモナコイン(MonaCoin)の予測は?

現在モナコインは7月頭に100円近くの値をつけ、その後、買い戻しがあり40円ぐらいまで下がりましたが、またその後値を上げ63円まで戻りました。

モナコインはライトコインやビットコインと違って価格がまだ安く、気軽に仮想通貨を始めるには優しい価格です。

モナコインを所有しておき、将来、値段が上がってからビットコインや、ライトコインに変えたり、円に換金しようと考えている人も少なくはありません。

その為、まだ上がる見込みもあり、注目されているアルトコインでもあります。

まとめ

モナコインはまたビットコインより取引が早く、日本で生まれた仮想通貨なので情報も得やすいです。

なので初心者が始めやすい仮想通貨とも言えます。

2020年までには日本でも仮想通貨が日常生活で使われるようになる可能性もあるので、興味のある方は調べてみるのもおすすめです。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.