仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所「Mr.Exchange」の口コミ&評判!使い方や取扱い通貨は?

投稿日:

「Mr.Exchange」は2014年にサービスを開始した「Mr.Ripple」というサービスを母体に、2017年9月にリニューアルオープンという形でサービスを開始したオンラインの仮想通貨交換所です。

「Mr.Ripple」は、仮想通貨であるリップル(XRP)を主軸に、ビットコイン、ライトコインなども取り扱う仮想通貨のオンライン交換所でした。

「Mr.Exchange」に名称変更した後は、12種類の仮想通貨を取り扱っており、国内でも有数の取り扱い数となっています。

交換所とは、取引レートを使用して、Aという通貨からBという通貨に両替ができる場所のことを指します。

FXのようにレバレッジを効かせて取引ができるわけではないので、間違えないようにしましょう。

Mr.Exchangeでは、複数のウォレットを登録しておくことができるので、あちこちにウォレットが散らばってしまって管理が大変・・・という方にもオススメです。

通貨ごとに別のウォレットサービスを使っていることが多いので、一元管理ができるのは嬉しいですね。

運営している会社は、福岡県に拠点を置く「株式会社ミスターエクスチェンジ」、こちらも、「Mr.Ripple」時代は「株式会社Crypted Vault」という会社が運営をしており、会社組織の名称も変更となったようです。

取扱仮想通貨

Mr.Exchangeで取り扱う仮想通貨は、12種類あります。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ドージコイン(DOG)
  • オーガー/Augur(REP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ステラ/stellar(XLM)
  • モネロ(XMR)
  • ディーセント/DECENT(DCT)

オーガーやジーキャッシュ、ステラ、モネロ、ディーセントといった、マイナーな仮想通貨も扱っているのが特徴です。

特に、ドージコイン、ステラ、ディーセントは、国内の交換所・取引所での扱いも少ないので、これらの仮想通貨を売買したい場合はおすすめです。

取扱通貨ペア

日本円、アメリカドル、ビットコイン、イーサリアムの4種類が、ベース通貨となっています。

それぞれの取引レートはサイト内にあるトレード画面で確認できます。

円(YEN)ベース/12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • オーガー/Augur(REP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ディーセント/DECENT(DCT)
  • モネロ(XMR)
  • リップル(XRP)
  • ステラ/stellar(XLM)

アメリカドル(USD)ベース/12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • オーガー/Augur(REP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ディーセント/DECENT(DCT)
  • モネロ(XMR)
  • リップル(XRP)
  • ステラ/stellar(XLM)

ビットコイン(BTC)ベース/11種類

  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • オーガー/Augur(REP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ディーセント/DECENT(DCT)
  • モネロ(XMR)
  • リップル(XRP
  • ステラ/stellar(XLM)

イーサリアム(ETH)ベース/10種類

  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOG)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • オーガー/Augur(REP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ディーセント/DECENT(DCT)
  • モネロ(XMR)
  • リップル(XRP)
  • ステラ/stellar(XLM)

以上、45種類です。マイナーコイン同士のペアはありませんので、注意してください。

マイナーコインからマイナーコインへ変えたい場合は、一度、ベース通貨に交換してから、改めて両替したい通貨を取引するようにしてください。

その際、取引手数料は全ての取引にかかってきます。

取引手数料について、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • アメリカドル(USD)

については0.15%、その他の通貨は0.3%となっています。

今後、手数料は変更される可能性がありますので、最新の情報はMr.Exchangeのホームページで確認してください。

レバレッジ取引

Mr. Exchangeは交換所のため、FXのようなレバレッジ取引はできません。

全て現物取引となります。交換レートは、Mr. Exchangeのトレード画面で表示されているレートと同じ内容になります。

ウォレットの取り扱いについて

アカウントレベルをP-03まで上げないと、両替できるウォレットが限られてきます。

アカウントレベルがP-03に達していない場合は、 Mr. Exchangeのトレードウォレットとネイティブ Ripple ウォレットのみです。

その他のウォレットを使用したい場合は、レベル3の認証を済ませておきましょう。

口座開設するには?

取引を開始するにはアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成は無料で、メールアドレスだけあれば作成可能です。

  • ID
  • パスワード
  • パスワード(確認)
  • メールアドレス

この4つだけで作成完了です。

パスワードは、英数字のみ使用可能で、英字1文字以上を大文字にする必要があります。

登録が完了すると、2段階認証用のQRコードが表示されますが、これはスキップしても構いません。

その次に出てくる「マスターキー」は非常に大事ですので、必ずコピーしてどこかに保存してください。

これが無いと、うっかりパスワードを紛失した時に、ロックがかかったまま引きだせない、という事が起きる可能性もありますので、気を付けましょう。

ちなみにですが、アカウントを作成する時、筆者はTwitterのアカウントと全く同じIDを登録したところ、自動的にTwitterプロフィールの写真が表示されてびっくりしました・・・自動的に関連付けされるようなので、そういったことを望まない場合は、全く新しいIDで登録した方が良いかもしれません。

アカウントレベルを上げるには

アカウントにはレベルがあり、それぞれのレベルで出来ることが異なります。

全てのサービスを使うためには、アカウントレベルを「P-03」まで上げる必要があります。

アカウントを作成した時点でのレベルは0(ゼロ)です。レベルは全部で4段階あります。

レベル0

アカウント作成直後の状態。ログインができるようになるのと、メール認証、パスワードの再設定ができます。

この段階は、まだ取引はできません。アカウントを作成する際に登録したメールアドレスに「ご登録ありがとうございます」というメールが届きますので、すぐにチェックしてください。

少なくとも、15分以内には必ずチェックしましょう。

レベル1

届いたメールの本文に記載されている認証コードを入力することで、メールアドレスの認証が完了します。

アカウントレベルがひとつ上がって、Mr. Exchangeの一部の機能を使用することができるようになります。具体的には、

  • 暗号通貨のトレード
  • 暗号通貨の両替
  • 暗号通貨による入金

以上の3点です。

他の取引所やウォレットなどに暗号通貨を持っている場合は、着金アドレスに送金することですぐにトレードができます。

他の取引所に暗号通貨を持っていない場合は、日本円で入金を行なうために、更に2つ、レベルを上げなくてはなりません。

レベル2(P-02)

このレベルでは、個人情報をがっつりと入力しなくてはなりません。

国内の証券会社などに口座を開いたことがある方は、要領は同じですから、慣れているかもしれません。

必要とされる情報は、

  • 氏名(漢字)
  • 氏名(アルファベット)
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 郵便番号

以上7点です。

1つでも足りないと完了できませんから、保存する前によく見直しするようにしましょう。

個人情報の入力が完了することで、アカウントレベルが「P-02」に上がります。

レベル3(P-03)

最後は、ID認証を行ないます。

これを完了することによって、やっと日本円を口座に入金することができるようになります。

ID認証は、3種類の写真ファイルをアップロードすることで行われます。

  • 身分証明書(顔写真付き身分証明書/有効期限があるもの/氏名・住所記載のもの)
  • 住所確認書類(身分証とは別に、発行日から3ヶ月以内の公共料金の明細や住民票などで、認証レベルP-02で記入した住所と同じ住所のもの)
  • ID確認書類(顔の横に身分証明書を持って撮影した写真(アップロードした身分証明書を使用・顔と身分証明書がはっきり写ったもの))

これらの3種類のファイルをアップロードし、Mr. Exchange側で認証が完了すると、晴れてすべての機能が利用できるようになります。

3番目の「ID確認書類」は、持っている身分証明書がはっきり写っていないとやり直しになりますので、しっかりピントを合わせて自撮りするようにしてください。

入出金方法

入出金は、メニュー上の「入金」「出金」のタブをクリックすることで、それぞれの取引画面が表示されます。

入金について

日本円を入金する場合は、くどいようですがアカウントレベルをP-03まで上げる必要があります。

その上で、自分の名義の銀行口座を登録し、入金する場合はサイト上で入金処理を行なうことで、日本円を口座に振り込むことが可能です。

入金にかかる日数は、トランザクション処理完了後、最短で当日~3営業日程度です。

すぐに反映はされませんので、充分に余裕を持って入金するようにしましょう。

また、振込手数料がかかりますので、振込手数料込みの金額を振り込んでください。

入金手数料について、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ドージコイン(DOG)

以上6種類について、無料と明記されています。

他の通貨は入金できないようです。

今後、手数料は変更される可能性がありますので、最新の情報はMr.Exchangeのホームページで確認してください。

出金について

出金する場合も入金と同じく、サイト上で、登録している銀行口座への出金のみ、可能です。

出金手数料となる366円を下回る金額を出金することはできませんので注意してください。

出金にかかる日数は、トランザクション処理完了後、最短で当日~3営業日程度かかります。

必ず、すぐに出金されるわけではありませんので、急いで出金したい、ということの無いようにしましょう。

出金手数料について、

  • ビットコイン(BTC)→0.0025BTC
  • イーサリアム(ETH)→0.001ETH
  • イーサリアム・クラシック(ETC)→0.014ETC
  • ライトコイン(LTC)→0.002LTC
  • リップル(XRP)→0.0003XRP
  • ドージコイン(DOG)→2DOG

以上6種類について明記されています。

他の通貨は入金できないようです。

今後、手数料は変更される可能性がありますので、最新の情報はMr.Exchangeのホームページで確認してください。

対応デバイス

対応デバイスはPCのみです。

今後、AndroidやiPhoneでの利用環境の開発が待たれますが、特にいつ頃までに用意するといったアナウンスは無いようです。

スマートフォンで利用できるようになるのは、しばらく先のことになりそうですね。

総評:Mr.Exchangeは、色んな仮想通貨を持っている人こそ、利用すべし!

これから「仮想通貨を買うぞ!」と考えている方よりも、既にいくつか仮想通貨を持っている方で、ウォレットをまとめたり、マイナー通貨への両替をしたい人向きのサービスだと感じました。

何しろ、口座開設から全機能利用までのハードルが高すぎます・・・仮想通貨の取引所・交換所はどこも同じような開設方法ですが、その中でもMr.Exchangeはハードルが高いと感じました。

ただし、口座を作った後は快適です。

ウォレットを登録しておけば、どの通貨をどれくらい持っているか、一目瞭然だからです。

送金もアドレスさえしっかりコピペできれば、問題なく使用できました。

将来的に、様々な通貨に投資しようと考えている方で、ウォレットが散らばっていて管理が大変・・・という方は、前もって口座開設しておくと、良いかもしれません。

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.