仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

ネム(NEM)とは?購入の方法や今後の将来性は?

投稿日:

ネム(NEM)

ネム(NEM)はもともと「新しい経済運動」の総称でした。現在はその略称ではなく「NEM」という固有名詞であるとされています。

発行される仮想通貨の単位は「XEM(ゼム)」で、スタート時に1600人の投資家に均等に分けられたそうです。しかもマイニングがない特殊な暗号通貨、ネムについてご説明します。

ネム(NEM)とはどんな仮想通貨なのか?

2015年3月31日に公開された暗号通貨です。

開発当時、開発チームに日本人がいたことで国内知名度をあげました。

アルトコインのほとんどがビットコインの設計を元に作られることが多いのですが、ネムはマイニング(採掘)がなく、新規発行はありません。

ネットワーク後見者への報酬はハーベスティング(収穫)という形で分配されます。

その仕組をみによってネムはビットコインのようにマイニングする仮想通貨と違って、電力をあまり消費でず、セキュリティ上堅牢なものになっています。

安全性や電力や資本量で維持している仮想通貨ではない点でも、注目が集まっているアルトコインではあります。

ネム(NEM)が採用しているPoI (Proof-of-importance)とは?

ネムはPoIという仕組みを使っています。

ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどは取引を承認するためにマイニングという作業が必要になります。

暗号キーを世界中のコンピューターが競争で計算を解いていることで、ビットコインを始めとるすアルトコインの信頼も保っています。

マイニングをすることで新規コインが発行されています。

ですが、マイニングにはコンピューターは24時間電力を消費して稼働しています。

競争に勝つにはそれだけのスペックも必要になるので、サーバーを何台も使うことにもなるので、そのための冷却装置も必要になります。

現在、一個人が自宅用パソコンではとても競争には入れない状況です。

まだ流通量の少ないモネロならできる場合もあります。

ですが、ネムはマイニングがないので電力をあまり消費しません。小型コンピューターでもノード(ネットワークを構成する中継点・分岐点)として実装することができます。

ネムのPoIの優位性とは?

莫大な資金を使って採掘し、一部の採掘者やグループに報酬が偏ってしまうことのないように設計されています。

ネムが採用しているPoIは、アカウントにスコアがつけられるようになっています。

スコアとは、

・ネムの残高

・取引回数

・取引量

・入出金の頻度

などのネムのネットワークを積極的に利用した分だけPoIスコアをつけ、頑張った人は頑張った分だけ恩恵を受けられる仕組みとなっています。

これを「ハーベスティング(収穫)」と呼びます。

このスコアを増やすためには、上記のことを多くの人とやり取りする必要があります。

取引することで手数料もかかりますが、スコアが上がる仕組みです。

例えば、スコアを上げるためには1回1000XEM以上の送信が必要です。

ですが、スコア欲しさに同じアドレス宛に何度も繰り返して送っても意味がないように設計されています。

スコアを上げることでの恩恵とは?

スコアはウォレット内の残高だけではなく、入出金の頻度や取引回数などの財力に偏っていない点が、好感が持てるとのことで注目も集まっています。

そのスコアを上げることで得られる「報酬」=ハーベスティング「収穫」は、みんなが払った手数料をもらうことができます。

なぜなら、取引が正当だと承認してくれた人への手数料です。承認できる人は、10000XEM持っているアカウントなら誰にでも行えます。この手数料をもらうことをハーベスティングと呼びます。

また承認作業は1分間に1回です。

誰がハーベスティングを行えるかは、「重要性」を元にランダムに決まります。

この重要度が高いほどハーベスティングできる確率が高くなります。

この重要度は、保有量、取引数、取引量、取引相手、などを考慮して決定されます。

ネム(NEM)の仕様について

ブロック生成間隔:約1分ハーベスティングが1分間に1回行われます。

承認者はランダムに決められ、承認者は手数料が報酬として得られます。

この1分間の間に取引がない場合は、ハーベスティングも発生しません。

発行総枚数:89億XEMおよそ1600人の投資家に均等に分けられたのが最初です。

実際は1人が複数口数のXEMを受け取っている可能性があるそうです。

マイニング(採掘)ではなくハーベスディング(収穫)ランダムで選ばれた承認者が取引の承認をして手数料をもらう。

ネム(NEM)の時価総額と位置付けは?

公平性や安全性においても注目されているネムですが、仮想通貨全体を見たときのモネロの位置付けがどこにあるのかを確認すると、5位となっています。(coinmarketcap.comによる2017年7月23日時点)

4位のライトコインとは$10億ほどの差はありますが、何百種類とあるアルトコインの中ではトップクラスです。

トップはもちろんビットコイン、続いてイーサリアム、リップル、ライトコインとあります。

時価総額が$15.8億となっています。

ちなみにビットコインは「$450億」です。

圧倒的な桁違いでよくわからなくなってしまいそうですよね。

さらにライトコインは「$23億」となっています。

ネム(NEM)のコインマーケットカップでの価格

モネロは2017年3月半ばの時点では$0.017です。

そこから急に上昇しています。2017年5月23日に$0.25まで上がりました。

とんでもない急上昇を見せた後、買い戻しがあり少し下がりましたが、2017年7月23日は$0.17あたりで安定しつつあります。

まだ$0.017の時に買っておけばよかったと思っても、いつ買い時かは予想は立てづらいものです。

価格もまだ安いので、いつでも購入できる感じがありますので、焦る必要はありませんが、計画的に購入する必要はあります。

チェックコインでのネムの価格は、19.694円となっています。

まだ価格は安いですが、5位という順位はそれだけ注目もされているということです。これからまだ徐々に伸びる可能性もあるコインではあるので、まだ安い時点で購入を検討するのがベターです。

ネムを取り扱っている取引所

ネムが購入出る取引所は、

・Zaif

・コインチェック

コインチェックでのネムを購入するには?

  1. 「コインを買う」をクリックすると、ビットコインを含めたいくつかの仮想通貨が表示されていますので、例えばネムをクリックすると緑色に表示されます。
  2. 下にいくと、仮想通貨の数量を入力する欄があるので、入力します。例えば1NEMと入力すると、その下に、1NEMに対しての購入時のレートが表示されます。合計欄に、手数料を含めた料金が表示されます。(また手数料に関しては、仮想通貨の消費税は2017年7月より無料になったのでご確認ください)
  3. 念のため入力した金額を確認してから、最後に「購入する」ボタンをクリックして完了です。

クレジットカードで購入する

クレジットカードで購入する場合も「電話番号認証」が必要です。

ただし、購入したコインを送金したり、日本円に換金する場合は、クレジット決済でビットコインを購入してから1週間以上経過している必要があります。

  1. 電話番号承認が完了すると、「クレジットカードで購入する」画面が表示されます。最小の金額は5,000円からです。最高は100万円までです。
  2. 料金設定がいくつかされているのでその中から選びます。選ぶと下に、合計金額と購入時点のレートが表示され、よければ「購入する」をクリックして完了です。

ネム(NEM)の今後の動きの予想は?

ネムの2017年の主な目標は、

・ネムの開発チームの拡大

・ヨーロッパやアフリカの国々でのネムの認知度を増やす

・カタパルトのリリース

などこれからもネムが開発され変化していく可能性があります。

ネムにはこれから革新的なブロックチェーンの技術的なプロジェクトがあるそうです。

開発者たちは2017年に15〜30倍になると自信を持っています。

まとめ

ネムはまだ価格が安い分、購入しやすい利点はあります。

またネムが採用しているPoIなど、誰にでもハーベスティングに参加できやすいようになっているなど、まだこれから注目が集まる要素はあります。

ランダムに承認者が選ばれるといっても選ばれる確率を上げる方法もあるそうなので、興味がある方はネムについても調べてみると良いでしょう。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2018 All Rights Reserved.