仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

QASH(キャッシュ)とは?特徴・将来性や購入できる取引所は?

投稿日:

QASHはQUOINE社が開発を進めている「LIQUID」というプラットフォームで使用が予定されているトークンで、厳密には仮想通貨とは異なります。

トークンとは利用するシーンが予め決められていますが、取引所に上場することで、仮想通貨と同じように投資・投機対象として売買ができるようになります。

QASHはQUOINE社が行ったICOとしても非常に注目を集めました。

その注目度は、ICO当日に調達額がほぼピークに達したということからもわかります。

それでは、QASHの何がすごいのか?をチェックしてみましょう。

QASHのすごいところって?

QASHはトークンという性質上、利用されるシーンが明確にされています。

すなわち、仮想通貨市場の価格差を無くして流動性を確保するとされている機関投資家向け取引所「LIQUID」で使用されるトークンであるということです。

これだけ書いても、何がどうすごいのかよくわかりませんね。

そこで、「QASHのここが特にすごい!」を3つ、上げてみます。

時価総額がすごい!

QASHの時価総額は2018年1月末現在で340億円という規模があります。

これは、仮想通貨全体の中でも上位10%に入る規模です。

現在、QASHが上場している取引所はQUOINEX、QRYPTOS、Bitfine他、数か所だけですから、ICO時に取得した人とこれらの取引所のユーザーだけで、これだけのお金が集まっているということになります。

QASHの価格は100円付近を前後しています。今後、価値が上がって2倍の200円になると、時価総額も2倍になり、現在のEOSやIOTAと同じレベルになります。ここまでくると上位1%に入りますね。

価値が2倍になるというのは、仮想通貨では十分あり得ることなので、期待できそうです。

注目度がすごい!!

QASHを発行しているQUOINE社は、金融庁にて仮想通貨交換事業者登録をしています。

仮想通貨交換事業者登録をしている会社が行なうICOとしては初となるため、非常に注目されました。

ICO初日で日本円で約115億円を調達したということです。

同時期に日本国内で大きく騒がれていたCOMSAのICO調達額が105億円ですから、注目度の高さがわかりますね。

また、コンプライアンス遵守を謳っているので、安全性についても信頼できそうです。ICOの中には実態の無いものも多くありますが、QUOINE社については、実際に開発を行なっていることが確認されており、コミュニティも活発で、何よりも公式からの発表、ニュースがあるということで、日々、注目度が高まっています。

今後の可能性がすごい!!!

何度も書いているように、QASHはLIQUIDという取引所で使用されるトークンです。

では、LIQUIDとは何か、ということになりますが、それは後述するとして、LIQUID開発の進み具合、浸透度合いによって、QASHの価値も相対的に上下すると考えられます。

LIQUIDは、簡単に説明するならば、世界中の仮想通貨の流動性を高め、価格差を縮める・無くすというものです。

通常、仮想通貨に限らず株でも為替でもそうですが、流動性が非常に重要なファクターとなります。

売りたいのに売れない、買いたいのに買えない、ということがあると、チャンスを逃してしまうことになりますから、機関投資家と呼ばれる大口の投資家たちは敬遠するようになります。

機関投資家は非常に大きな金額を動かしますから、市場としては投資してほしいのですが、売買がスムーズに行なえないと、機関投資家が市場に入ってこない、ということになります。

そこで、QUOINE社が開発するLIQUIDの出番です。複数の取引所の売り板、買い板をまとめて、価格差を無くし、大口の投資にも対応できるようにしていきます。

これが、強いては流動性を高め、価格差を縮めていくことになります。

QASHは、この「複数の取引所の売り板、買い板をまとめ」る時のデポジットとして使用されるというわけです。

QASHのこれまでの歩み

2017年11月にICOを行なった後、2018年2月までにいくつかの取引所に上場しました。

今後、大本命であるLIQUIDの公開を控えています。

そこで、これまでのQASHの歩みを振り返ってみましょう。

ICO発表直後

2017年10月、ちょうど日本国内ではCOMSAのICO案件が騒がれている頃にQASHのICOは発表されました。

COMSAがICOセール期間を1か月ほど設けていたのに比べて、QASHのICOセール期間は11月6日~8日のたった3日間であり、このことは大きな驚きを持って投資家たちに迎えられました。

普通に考えれば、ICO期間を長く設けて、より多くの資金を調達しようとするでしょう。

それが3日間で終わるということは、開発陣は余程の自信があるのだなということがわかります。

ホワイトペーパーについて

QASHの発行元であるQUOINE社のCEOは日本人の栢森加里矢氏で、社外取締役にも日本人が多く参加しています。

このような背景から、ホワイトペーパーも日本語版が用意されており、国内からのICO参加者にもわかりやすいものとなっています。

内容も、重要な用語の説明がされていたり、図解が多く示されていて、わかりやすく書かれています。QASHに投資をしようと考えているのであれば、必ず読んでおきましょう。

ICO期間

国内からICOに参加するためには、QUOINE社が運営するQRYPTOSに口座を作成しなければなりませんでした。

これは、ホワイトペーパーにもある通り、国内居住者のICO参加をQRYPTOSに限定していたからです。

顧客の囲い込みだという意見もありましたが、ICOを行なう会社が取引所を持っている場合、このようなことは頻繁にあるので、あまり問題視する必要は無いでしょう。

ICOでセールされるQASHの価格は0.001ETHに固定されていました。ですから、当時のレートで1QASH=0.001ETH=約33円、ということになります。

ICOで調達を予定していた金額は350,000,000QASH=350,000ETH、日本円で約115億円です。

初日でこれだけの資金を集めてしまうQASHというトークンの注目度合いがわかりますね。

ICOは予定通り、2017年11月6日から8日までの3日間で終了しました。

その後、予定通り、QRYPTOSを始めとした取引所に次々と上場していきました。

上場後

11月24日の上場直後、QASHは55円台の値をつけました。約5%の値上がりです。

その後、仮想通貨市場全体に値上がりに便乗する形で値を上げ、2018年1月13日に史上最高値の284.59円をつけます。

以降は徐々に値を下げて、2月6日に73.56円をつけた後は回復基調となり、2月中旬は100円付近を推移しています。

ICOセール期間でQASHを取得していた場合、2月中旬まで保有していれば9%程度の値上がり益を得られるということになります。

今後、上場する取引所は増えていくと考えられますし、なんといっても、LIQUIDの公開を控えていますから、今後ますます価値が上昇する見込みがあると言えますね。

QASHを取引するには

QASHはICOを完了し、取引所へ上場も果たしました。

ですから、QASHを取り扱っている取引所のアカウントさえ持っていれば、QASHを購入することができます。

どこで取引できるの?

2018年2月現在、QASHはQUOINE社が運営するQUOINEX、QRYPTOSの他、Huobi、Bitfinex、Gateに上場しています。

HuobiやBitfinexは利用者も多いので、アカウントを持っている方も多いかもしれません。

取引所ごとの保有者数は多い順に、Huobi、QUOINEX、Bitfinexで8割を占めています。

取り扱いがあるけれども流動性に乏しいという取引所では、QASHを高値掴みしてしまう可能性もあるので、Huobi、QUOINEX、Bitfinexのどれかで購入すると良いでしょう。

どの取引所のアカウントも持っていないという方は、Huobiがお勧めです。

海外の取引所は不安だ、という方はQUOINEXでも良いですが、流動性やフレキシビリティの点ではHuobiに劣りますので、ご注意ください。

どうやって買うの?

各取引所のトレード画面より購入が可能です。

一番ボリュームのあるHuobiでよく使われているペアはQASH/BTC、QASH/ETH、QASH/JPYです。

Bitfinexでは、QASH/USDが強いようですね。

ちなみに、HuobiでのQASH/JPYのボリュームは1050317.153 QASH、日本円で107,027,317.89円です。

BitfinexのQSH/USDが652782.129 QASH、日本円で67,082,766.68円ですから、桁が1つ違うということになります。

日本発のICOということで、ほとんどがジャパニーズマネーだと言えますね。

今、いくらくらい?

2018年2月16日現在、QASHは101円を越えています。

2018年1月13日に、284.59円の高値を付けた後、仮想通貨市場全体の暴落があり、2月6日に73.56円まで値を落としました。

この間の騰落率は286.88%ということになります。非常にリスクの高い投資ですね。

これをチャンスと見るかどうかが、投資判断のポイントとなりそうです。

今後、仮想通貨市場も全体的に回復していくと考えられていますので、あっという間とはいかないと思われますが、回復傾向にあります。

合わせて、QASHもまた値を上げる可能性は充分にあると考えられます。

結論:QASHは買っておいた方が良い?

QASHはまだ始まったばかりのトークンで、まだLIQUIDも公開されていません。

ロードマップでは2018年Q2で公開予定とのことですから、早くても4月以降となりそうです。

LIQUIDが本格的に運用されるようになれば、QASHトークンも合わせて利用枚数が増える為、価値があがる可能性があります。

将来的に世界で利用されるトークンになることができれば、そのポテンシャルは非常に高いと言えるでしょう。

ホワイトペーパーやコミュニティの動向をしっかりと把握しながら、将来性があると感じられればホールドしていきましょう。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.