仮想通貨(暗号通貨)投資入門!ビットコインからアルトコインまでやさしく解説!

仮想通貨レシピ

アルトコイン

仮想通貨「クオンタム(Qtum)」の買い方と現在のチャート!購入できる取引所はどこ?

投稿日:

今、新たなブロックチェーン「Qtum」が密かに注目を浴びています。

まだ日本では認知度が低いので、知られていませんが、ビットコインの「UTXOベース」という特徴を生かしながら、イーサリアムの「スマートコントラクト」を実行することができる独自のブロックチェーンを持っています。

今回はそんなQtumについてご紹介します。

仮想通貨「Qtum」とは?

まず、基本情報としては

  • Qtum(クアンタムやクォンタムなど)
  • 通過略号:QTUM
  • 公開日:2017年3月
  • 発行上限枚数:1億QTUM発行後1%ずつ増加

QtumはシンガポールのQtum Foundation(Qtum財団)が開発したオープンソースのブロックチェーンプロジェクトです。

Qtumのブロックチェーンの開発、メンテナンス、提供する全てのサービスは、このQtum財団によって管理されています。

このQtumはビットコインのいいところ、それが「UTXOモデル」とイーサリアムのいいところ「スマートコントラクト」を同じプラットフォームで稼働することができる、仮想通貨です。

つまり、Qtumはビットコインの技術に基づいたブロックチェーンを持ちながら、イーサリアムの「イーサリアム仮想マシン」を用いることで、双方の良い機能を生かすことが可能となりました。

  • ビットコイン「UTXOベースのブロックチェーン」×イーサリアム「イーサリアム仮想マシン」=Qtum

ちなみに、「 UTXOベースのブロックチェーン」=匿名性を保つプライバシーがすくれている。

Qtumの特徴とは

Qtumが他の仮想通貨と違う特徴は、マイニングの仕方が違うことです。

多くの仮想通貨は、取引がありそれを承認するマイニングがあり、通過が新規発行される流れがあります。これが「マイニング」です。

マイニングには運転資金が必要なので、報酬として得た仮想通貨を売却しながら資金を集めます。

マイナーが売却することで市場に下げ圧力を与え、仮想通貨市場に新しい資金が流れ、価格が上昇する仕組みです。

ですが、Qtumはこの流れが逆にできています。

Qtumのトーンクは絶えず破壊され続けています。時間の経過と共にQtumトークンは減っていきます。

このため、Qtumの市場では上げ圧力が生まれ、新しい資金がQtum市場に入ってこなくても、価値が上がっていく仕組みです。

Qtumの目的とは?

仮想通貨市場は世界の株式市場と比べると、まだその規模は小さく、なかなか成長できない理由があります。

それは機関投資家と呼ばれる大口投資家が参入できにくいからです。

仮想通貨市場がもっと流動化すれば、機関投資家も参入しやすくなると言われています。

Qtumは暗号通貨市場の流動性をより高め、より早く安定した成長を市場にもたらすために作られています。

上記でも示したように、Qtumのトークンが絶えず破壊されることで、価値が上がっていく仕組みです。

市場の流動性を高め、機関投資家が参入することで、さらに仮想通貨の価格上昇が期待できます。

スマートコントラクトとは?

イーサリアムのスマートコントラクトは聞いたことがある人もいるかもしれません。

Qtumはイーサリアムネットワーク上で発行され、自由に取引されています。でそこで、スマートコントラクトをもう一度おさらいしておきましょう。

要は、中間に挟んでいる色々な契約やコストを削減してスマートにしていることです。

「ある条件が満たされた場合に、決められた処理が自動的に実行される」こと。

  • 「Aさんがサイト場で購入ボタンをクリック」→「AさんからBさんへと代金が送金」→「Bさんから商品が発送される」が一般的な流れ。

一般的な流れをプログラムさせておき、Aさんがボタンをクリックするだけで、契約書含め全て自動的に実行されるようにすることが、要はスマートコントラクトです。

この仕組みがブロックチェーンに記憶されており、改ざんが困難と言われています。

  • 最も分かりやすく初期のスマートコントラクトが「自動販売機」だそうです。

Aさんがお金を入れて、欲しいジュースのボタンを押す→ドリンクメーカーと自動契約され、欲しいジュースが出てくる。

書面上で作成された契約のみをさすのではなく、取引行動全般をさすと、法学者Szsbo氏が自動販売機を例として挙げたそうです。

Qtumの価格と将来性について

ビットコインの匿名性があるブロックチェーンとイーサリアムのスマートコントラクトを併せ持つQtumは注目されている仮想通貨の1つではありますが、まだまだ未知の通貨です。

ですが、Qtumに関わっているメンバーを見ると期待される理由でもありあます。

中国版のAmazonと言われているアリババ出身のPatrick Daiとイーサリアムの共同設立者、Jaxx Blockchain Interfaceの創始者などが関わっています。

Qtumの価格について

10月3日現在の時価総額は約81億ドル、時価総額ランキングでは14位です。価格は1QTUM=1,379円です。

チャートを見ても乱高下が激しく、6月14日は18.79ドル、9月15日は6.42ドルだったりと、乱高下が激しくこれからどう動いていくのか、読みづらい仮想通貨でもあります。

長い目で様子を見る必要がありそうです。

Qtumの将来性について

Qtumは2017年9月13日にメインネットがリリースされ順調な開発を見せています。

また、中国に強いパイプを持つ Qtumは「Qhola」というプロジェクトをスタートさせるそうで、中国版LINEとも呼ばれ、11億2000万人の利用者と提携し、Qholaを流通させるそうです。

されに、Facebookなどのメッセージアプリにも、技術の採用を目指していくとのことで、技術開発と革新的な流通にはこれから目が離せないところです。

Qtumを購入するメリット

やはりビットコインとイーサリアムの弱点を克服した仕組みと、中国を拠点に広く流通するであろうと読んで今のうちに投資しておくメリットはあるかもしれません。

ただ価格の動きが読みにくい通貨なので、急に多額を投資するのは安易かもしれません。

ただ、応援した結果上がってくれるといいな程度に、購入を検討してもいいかもしれません。

Qtumを購入する方法とは?

購入する方法は取引所からQtumを購入する方法です。

日本ではまだ取引されている取引所がないので、海外取引所に登録する必要があります。

購入できる取引所は

  • GATEHUB
  • LIVECOIN.net
  • HitBTC
  • ALLCOIN
  • Bittrex

これらの海外取引所で取引されています。

日本円ではコインを購入することができないので、まずはチャックコインなどでビットコインを購入してから、海外取引所に送金することになります。

上記の中でもBittrexはアルトコインの取り扱いの数がかなり多いことで有名です。

ですが、どこの取引所も英語での操作になります。

登録の仕方:Bittrexをご紹介

  1. Bittrexのホームページに行き、右上隅に四角いマークがあるので1回クリック。
  2. ずらっと出てきたら、一番下のログインをクリック。ログインページが出てきたら、「Sign Up」をクリック。
  3. メールアドレス、パスワードを指定します。
  4. 登録したメールアドレスにメールがくるので、本文のURLをクリックして登録完了です。
  5. 次に、Basic Verificationを行います。これはプロフィールを入力する画面ですが、米国のサイトですので英語表記で入力する必要があります。入力が終わったら、「Sbumit」をクリック。
  6. 次はPhone Verificationの設定です。「Verify Phone」をクリック。(画面左側の「Phone Verification」をクリックしても同じ画面に遷移します)ドロップダウンリストから日本を選択し、携帯電話番号を入力(先頭の0は除く)
  7. 「Submit」をクリック。「Submit」をクリックすると、携帯電話にSNSが送信されますので、本文中に書いてある番号を画面上の「VERIFICATION CODE」に入力してください。入力後に「Verify」をクリックすると完了です。
  8. 本人確認のために、本人と運転免許証が載っている画像ファイルをアップロードします。

ここまできたらチェックコインでビットコインを購入しておきます。

すでに持っているならOKです。

ビットコインをBittrexに送る

後は、ビットコインをBittrexに送ってから、そのビットコインでQtumを購入します。

  1. 画面右上の「Wallets」をクリック。入金するコイン(BTC)の「+」をクリック。
  2. するとウィンドが開くので「NewAddress」をクリック。少し待つとビットコインを送るアドレスが表示されるので、コピーして送金元の取引所の送金先アドレスに入力します。

送金が完了したら、Bittrexに作ったアカウントに反映されます。

後は、ビットコインをQtumに交換することができます。

まとめ

日本ではまだ認知度が低いですが、中国で大規模に流通することでQtumの市場が拡大する可能性はあります。

ただ、価格の乱高下がありまだ日本で購入できないことから、無理な多額の投資は控えたほうがいいかもしれません。

これからの動向を確認していきたい仮想通貨の1つです。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨レシピ , 2019 All Rights Reserved.